石井岳龍×染谷将太×ブッチャーズ「ソレダケ」を凝縮した爆音予告完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月10日 > 石井岳龍×染谷将太×ブッチャーズ「ソレダケ」を凝縮した爆音予告完成
メニュー

石井岳龍×染谷将太×ブッチャーズ「ソレダケ」を凝縮した爆音予告完成

2015年4月10日 06:00

「ソレダケ that's it」ポスター「ソレダケ that's it」

「ソレダケ that's it」ポスター
(C)2015 soredake film partners.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]鬼才・石井岳龍監督がロックバンド「bloodthirsty butchers」とコラボレーションした、約14年ぶりのロック映画「ソレダケ that's it」の爆音予告編が公開された。

2013年に急逝したバンドのリーダー、故吉村秀樹さんから生前にラブコールを受けたことをきっかけに、石井監督が染谷将太水野絵梨奈渋川清彦村上淳綾野剛という個性派俳優とともに完成させた今作。全編にわたりバンドの楽曲が使用され、情熱とアクションが交差する青春物語を盛り上げる。

アンダーグラウンド暮らしの大黒砂真男は、底辺から抜け出すため裏社会の調達屋・恵比寿大吉から金を奪う。しかし、同時に売買用の個人情報が詰まったハードディスクを発見したことから、監禁、拷問され過去にまつわる宿命に直面することになる。

予告編は、ライブ撮影やドキュメンタリー映画「kocorono」を通じてバンドを見つめた川口潤が、ヒリヒリとした石井ワールドを凝縮。色彩を失った映像とカラー映像が入り乱れ、バンドの楽曲「10月/october」「アンニュイ」が、激しさと疾走感を加速させる。

「アンニュイ」は、本作製作のきっかけとなったアルバム「youth(青春)」の収録曲で、石井監督によるオリジナルストーリーに重要なインスピレーションを与えた。予告編を手がけた川口は「その姿をくらませてもなお、人を動かす吉村秀樹の影響力(パワー)、恐るべし」とコメントを寄せている。

ソレダケ that's it」は、5月27日から東京・シネマート新宿ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi