「マッサン」のエリー、ブロードウェイで「シカゴ」主演に「日本のおかげ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月9日 > 「マッサン」のエリー、ブロードウェイで「シカゴ」主演に「日本のおかげ」
メニュー

「マッサン」のエリー、ブロードウェイで「シカゴ」主演に「日本のおかげ」

2015年4月9日 09:00

「マッサン」でおなじみのシャーロット・ケイト・フォックス「シカゴ」

「マッサン」でおなじみのシャーロット・ケイト・フォックス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHK連続テレビ小説「マッサン」のエリー役で日本中を虜にしたシャーロット・ケイト・フォックスが、セクシーな小悪魔キャラで世界を魅了する。現在19年目のロングランを続ける名作ミュージカル「シカゴ」のブロードウェイ公演にロキシー・ハート役で主演、さらに日本凱旋公演を行うことが決まったフォックスが4月8日、都内で会見し、パフォーマンスを披露するとともに喜びを語った。

劇中のナンバー4曲のメドレーで見事な歌声を聴かせたフォックス。ブロードウェイのスタッフが自らに対する賛辞を語る映像を見ると、「夢みたい」と現在の心境を日本語で表現。さらに、「アメリカから日本に来て仕事をして、それがアメリカでの仕事につながるなんて、とても不思議な感じがします。私はいつも、すべての経験はプロセスだと思っているんです。この仕事で着地したという感覚を得ることはないと思う。でも、ブロードウェイの劇場に1人で立つというのは特別な体験です。劇中でロキシーが使うステッキは、初演のグウェン・バードンから受け継がれてきたもの。それを使えるなんて、栄誉以上の素晴らしい経験だと実感しました」と、興奮を隠そうともしなかった。

フォックスが演じるロキシーは、愛人を殺して投獄されながら、スキャンダルを逆手にとって名声を得ようとするしたたかな女。しかしフォックスは、「みなさん、ロキシーを悪い女だと思っているみたいですけど、私は全然そうは思いません。邪悪なことをやっているという意識はなくて、子どもみたい。ただ、いい体感が得たいとか、人から愛されたいという思いだけでやってしまうだけなのよ」と、独自の解釈を披露した。

そして、「第1の故郷でできるのみではなく、第2の故郷である日本でも公演できることが本当にうれしい」と語り、日本での経験について話しながら涙ぐむ場面も。「日本に来る前の私と、いまの私とでは別人みたいに変わりました。どうやって『マッサン』をやり遂げることができたのか自分でもわからないくらいですが、勇気と忍耐を知り、最善を尽くすことを肝に銘じるようになりました。いまの私があるのはすべて、日本のみなさんのおかげ。みなさんが受け入れて、愛してくださったからこそです。今度はこのセクシーな作品でエリーとはまるで違いますが、新しい私も同じように楽しんでいただけたら。そのためにまずは体幹を鍛えてがんばります!」と抱負を語った。

フォックス主演のブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」は2015年10月末からブロードウェイ公演を行い、来日公演は2015年12月4~23日に東急シアターオーブで公演。ライバルのヴェルマ役でアムラ=フェイ・ライトが共演することも発表された。

シカゴ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] シカゴ スペシャル・プライス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 アメリカ映画界・演劇界の最高のスタッフが集結!2003年度アカデミー賞6部門受賞の大ヒットミュージカルがスペシャル・プライスで登場!!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi