ベルト・モリゾ没後120周年 印象派の誕生にかかわった女流画家描く映画が6月13日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月8日 > ベルト・モリゾ没後120周年 印象派の誕生にかかわった女流画家描く映画が6月13日公開
メニュー

ベルト・モリゾ没後120周年 印象派の誕生にかかわった女流画家描く映画が6月13日公開

2015年4月8日 07:00

「画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」の一場面「画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」

「画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」の一場面
(c) K'ien Productions - 2012
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 19世紀の女性画家ベルト・モリゾの生涯を描いた仏映画「Berthe Morisot(原題)」が邦題「画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」として6月13日公開する。

印象派の誕生に大きくかかわったモリゾは、エドゥアール・マネの絵のモデルを務め、マネの代表作「バルコニー」「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」で描かれている女性で、モリゾはマネの画風から多くを学んだ。女性の社会的地位が確立していない時代に女性画家のはしりとなった人物としても知られ、映画では巨匠たちとの出会い、「女性」として生きることと「画家」という職業の間でゆらぐモリゾの姿も描く。

ジャン=リュック・ゴダール、ジャック・ドワイヨンブノワ・ジャコーフィリップ・ガレルなどの撮影監督を務めたカロリーヌ・シャンプティエの長編監督第1作で、シャンプティエは2009年に東京国際映画祭の審査員を努め、諏訪敦彦の「H story」「不完全なふたり」、河瀬直美七夜待」などの撮影も手がけ、日本ともゆかりが深い。主役ベルト・モリゾをマリーヌ・デルテリム、マネをマリック・ジディが演じる。

パリ16区のサロンに出品していたベルト・モリゾは、ルーヴル美術館で姉と摸写をしている時、既に美術界では名をなしていたマネと会い、モデルを依頼され、アトリエに通うことになる。女性は家庭に入るものという時代、画家を目指すモリゾは数々の苦悩を乗り越えていく。

画家モリゾ、マネの描いた美女 名画に隠された秘密」は6月13日から、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国で公開。

不完全なふたり[DVD] 不完全なふたり[DVD] 最安価格: ¥4,104 『パリ、ジュテーム』で唯一の日本人監督、諏訪敦彦が贈るラブストーリー。末期的状況に陥った夫婦がパリで過ごす数日間を赤裸々に描く。
七夜待[DVD] 七夜待[DVD] 最安価格: ¥2,030 「殯の森」でカンヌ・グランプリ受賞後、新たなステージに立った河瀬直美監督作。異国の地・タイを舞台に、七つの夜を体験した一人の女性が自分の中にある滞りを流していく様を瑞々しく伸びやかに描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi