真木よう子、大胆発言「頭の中には神木くんしかいない」に会場騒然 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月8日 > 真木よう子、大胆発言「頭の中には神木くんしかいない」に会場騒然
メニュー

真木よう子、大胆発言「頭の中には神木くんしかいない」に会場騒然

2015年4月8日 20:20

“脳内”トークで盛り上がった 真木よう子、西島秀俊、神木隆之介ら「脳内ポイズンベリー」

“脳内”トークで盛り上がった
真木よう子、西島秀俊、神木隆之介ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優・真木よう子が4月8日、都内のホールで行われた主演映画「脳内ポイズンベリー」の完成披露試写会で、共演の西島秀俊神木隆之介吉田羊古川雄輝成河らとともに舞台挨拶に立った。

真木演じるヒロインが年下の男性に恋をし、理性、ポジティブ、ネガティブなど5つの感情による脳内会議で意思決定をしていくラブコメディー。その設定をイメージして、約30倍という“メガ真木よう子”の顔の上から会議メンバーの西島、神木、浅野和之、吉田、桜田ひよりが登場する演出だったが、真木は「なんか、イヤですね」と苦笑いだ。

それでも、コメディエンヌとして新境地を開拓した自信からか「(撮影は)楽しかった。これを機に、どんどんこういう役をやっていけたら」とさらなる意欲。そして、「絶賛恋をしている方も、そうでない方も、これまで見たことのないハチャメチャなラブコメディーです。すごく面白いです。笑えます」と笑顔でアピールした。

その真木本人の脳内については、ポジティブ担当の神木が「ご一緒したのは1~2日だったけれど、ポジティブに生きられているのかなと思う」と分析。真木も、「頭の中には神木くんしかいません。楽観的なので煮詰まったり悩んでも、行きつく先はまあいいじゃんって感じになる。神木くんがどっかり座っています」と“大胆発言”。会場が騒然となったため、慌てて「違いますよ。ポジティブという意味ですから」と弁解していた。

吉田については、西島が「けっこうバランスが良くてポジティブもネガティブも強そう」と推測。吉田は、「ポジティブとネガティブが同じ割合で、タッチの差でポジティブという感じ。でも、恋愛は超ネガティブ。私のことなんか好きにならないだろうなという前提で好きになる」とこぼし、笑わせていた。

脳内ポイズンベリー」は、水城せとなの同名コミックを映画化。アラサー女子が理性、ポジティブ、ネガティブ、衝動、記憶という5つの感情による脳内会議で、年下の男性との恋を成就させようと奔走する姿を描く。5月9日から全国で公開される。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi