東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月6日 > 東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化
メニュー

東日本放送、松竹と初タッグ 中村義洋監督メガホンで「穀田屋十三郎」を映画化

2015年4月6日 06:00

「穀田屋十三郎」の映画化に 着手する中村義洋監督「武士の家計簿」

「穀田屋十三郎」の映画化に
着手する中村義洋監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東日本放送(KHB)は、10月1日に開局40周年を迎えることを記念し、劇場映画を松竹と共同で製作することを決めた。KHBによる映画製作はこれが初となる。

作品は、「武士の家計簿」の原作者・磯田道史氏の著作「無私の日本人」(文藝春秋)の一編「穀田屋十三郎」を映画化するもの。「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」などで知られる中村義洋監督がメガホンをとる。タイトルおよび出演者は未定。2016年に全国300スクリーン規模での公開を見込んでいる。

KHBは今年度、開局40周年記念事業を各種展開していく計画だが、映画製作は目玉企画のひとつ。東日本大震災から4年が経過した今、被災地のテレビ局である同局が伝えたいことを、映画を通じて仙台から日本全国へ、さらに世界へと発信する。

同局によれば、伝えたい内容は「“自分たちの足で立ち上がらなければならない”ということ」だという。そのためには希望が必要であり、震災時に世界から称賛された日本人の“互いに助け合い、気遣う心”の大切さを伝え、日本人が誇るべき精神性、日本人にとっての幸福の価値観を問い直す内容として、「穀田屋十三郎」を映画化する。

原作は、今から240年前の宮城の片隅の小さな町で、互いに助け合い気遣うことを実践していた人たちを描く実話。仙台を舞台にした映画を多数製作してきた中村監督は同作の映画化にあたり、ライフワークとしてでも伝えたいとオファーを快諾したという。

ゴールデンスランバー<廉価版>[Blu-ray/ブルーレイ] ゴールデンスランバー<廉価版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,998 伊坂幸太郎原作による「ゴールデンスランバー」を映画化。身に覚えのないまま、見えない巨大な力によって首相暗殺犯に仕立てられた男の逃亡劇を描くサスペンス・ドラマ。
白ゆき姫殺人事件 豪華版2枚組【初回限定生産】Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 白ゆき姫殺人事件 豪華版2枚組【初回限定生産】Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,506 『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi