LGBT活動家の東小雪氏、挙式した同性パートナーと仲睦まじく写真撮影! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月3日 > LGBT活動家の東小雪氏、挙式した同性パートナーと仲睦まじく写真撮影!
メニュー

LGBT活動家の東小雪氏、挙式した同性パートナーと仲睦まじく写真撮影!

2015年4月3日 14:20

元タカラジェンヌでLGBT活動家の東小雪氏(中央)「パレードへようこそ」

元タカラジェンヌでLGBT活動家の東小雪氏(中央)
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第72回ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門作品賞にノミネートされた英映画「パレードへようこそ」の公開記念イベントが4月2日、東京・シネマート六本木で行われ、元タカラジェンヌでLGBT活動家の東小雪氏と、女装家でエッセイストのブルボンヌが出席した。

1980年代、実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、涙と笑いを交えて描くコメディ作。LGBT活動家として尽力し続けている東氏は、「日本でも違いを受け入れ、多様性を認めていこうという風に少しずつなっていると思う。30年前のイギリスはこんな感じだったと、日本の現状とあわせて見られて胸が熱くなりましたね」と感慨深げ。ブルボンヌも、「LGBTという少数者はみんな一致団結しているのかというと、そうではない現実がどこにもある。そういうこともちゃんと描かれていましたね」と同調していた。

さらに東氏は、東京・渋谷区が日本で初めて同性カップルに証明書を発行する条例を可決させたことに触れ、「同性のパートナーと私は渋谷区に住んでいるのでとてもうれしくて、可決の瞬間も議場におりました」とニッコリ。「世田谷区でもLGBT支援の動きがあり、宝塚市でもサポートしようと市長が宣言しました。横浜市でも動きが出ているので、全国にも広がってほしい」と目を輝かせる東氏に、ブルボンヌは「イギリスでそういうパートナー法が出た時は、エルトン・ジョンが第1号になって話題になった。ぜひ証明書発行の第1号になってください!」と激励していた。

イベント後には、ブルボンヌと東氏それぞれの同性パートナーが見守るなか、報道陣による囲み取材が行われた。2013年に同性挙式を挙げた東氏と増原裕子氏は、左手薬指の指輪を見せながら仲睦まじく写真撮影。現在の生活を「お仕事したり家事をしたりケンカしたり、男女の夫婦と変わらない生活をしています」といい、「パートナーのご両親は本当に応援してくださって、結婚式にも出席してくださいました。今でもお家を行き来して、仲良くさせていただいております」と幸せそうな笑顔で語っていた。

パレードへようこそ」は、4月4日から公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi