石井岳龍監督×染谷将太主演「ソレダケ」パンチの効いたポスタービジュアル完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年4月2日 > 石井岳龍監督×染谷将太主演「ソレダケ」パンチの効いたポスタービジュアル完成
メニュー

石井岳龍監督×染谷将太主演「ソレダケ」パンチの効いたポスタービジュアル完成

2015年4月2日 06:00

荒々しいデザインが目を引く 「ソレダケ that's it」のポスター「ソレダケ that's it」

荒々しいデザインが目を引く
「ソレダケ that's it」のポスター
(C)2015 soredake film partners. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鬼才・石井岳龍監督の最新作「ソレダケ that's it」のポスタービジュアルが完成した。石井監督が久々に手がけたロック映画となる同作を体現するビジュアルは、美しく作りこまれたポスターとは異なる、荒削りでパンチの効いた1枚になっている。

ソレダケ that's it」は、クエンティン・タランティーノをはじめ、多くの映画監督がロック映画のバイブルとして名を挙げる「狂い咲きサンダーロード」(1980)などで知られる石井監督が、「ELECTRIC DRAGON 80000V」(2001)以来14年ぶりに送り出すロック映画。ロックバンド「bloodthirsty butchers」(ブラッドサースティ・ブッチャーズ=通称ブッチャーズ)からオファーを受けた石井監督が、同バンドの楽曲を全編にちりばめながら、アンダーグラウンドから抜け出そうともがき、己を束縛する宿命と対決する男の姿を描く。

ポスターは、石井監督の「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市 バースト・シティ」(82)と同様に、モノトーンでインパクトのある雰囲気を意識しながら、シンプルだがいびつで違和感の伝わるもの、映画の熱量や激しさ、疾走感が伝わるものを目指して作成された。そのためコラージュではなく場面写真1点を使って作成され、染谷将太扮する主人公・大黒砂真男のセリフからとられた「はじめて逃げない俺が生まれるんだ。行くんだよ、その先に。」というコピーが、モノクロ写真の上に鮮烈な赤色で記された。また、ブッチャーズの楽曲「12月/december」の歌詞から引用された「何度でも食らってやる よけかた知らないから」という一節も使用されている。

さらに、上部にはラフデザインの段階で入っていた映像のタイムコードが石井監督の意向でそのまま残されており、下部には染谷と共演の水野絵梨奈渋川清彦村上淳綾野剛という主要キャストの写真も並べられている。5月27日から全国順次公開。

狂い咲きサンダーロード スタンダード・エディション[DVD] 狂い咲きサンダーロード スタンダード・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,592 日本インディーズ映画の最高峰に輝き、今なお多くのファンを生み続ける伝説のパンクムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi