ベルリン映画祭ジェネレーション部門受賞作 震災孤児描く「人の望みの喜びよ」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月29日 > ベルリン映画祭ジェネレーション部門受賞作 震災孤児描く「人の望みの喜びよ」公開
メニュー

ベルリン映画祭ジェネレーション部門受賞作 震災孤児描く「人の望みの喜びよ」公開

2015年3月29日 06:30

初長編作公開に感無量の杉田真一監督(左端)ら「人の望みの喜びよ」

初長編作公開に感無量の杉田真一監督(左端)ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 震災で両親を失った幼い姉弟の絆を描く「人の望みの喜びよ」が3月28日、東京・テアトル新宿で公開初日を迎え、主演の大森絢音ちゃん、大石稜久くん、大塲駿平くん、吉本菜穂子西興一朗杉田真一監督が、同劇場で行われた舞台挨拶に出席した。

東日本大震災で両親を失った12歳の春奈と5歳の翔太の姉弟は、親戚の家に引き取られ新しい環境での生活を始める。春奈は翔太に両親が亡くなった事を秘密にし、日に日に両親への思いを募らせる翔太と、助けることができなかった両親への罪悪感を抱え続ける。しかし、翔太のまっすぐな思いが春奈の心を少しずつ動かしていく。子どもたちが審査員を務める第64回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で、最高賞に次ぐスペシャルメンションを受けている。

今作が初の長編作品となった杉田監督は、「すごく小さな映画なんですが、皆さんのお力をお借りしてでき上がった映画。思いに関していえば、すごく大きな映画になったなと思っています」と、撮影から2年越しの公開に感無量の面持ちを浮かべた。

さらに、主人公・春奈を演じた絢音ちゃんの「初主演を務めさせて頂いて、とても大変だったし辛かったんですが、共演者の皆さんやスタッフさん、監督さんに助けられて、みんなで一緒になっていい作品が作れた。こうして日本で見てもらうことができてうれしいです」という大人顔負けの挨拶に、会場からは感嘆の声と大きな拍手が沸き起こった。一方、春奈の弟・翔太を演じた稜久くんは「映画を撮ったときは5歳だったんですけど、7歳になりました」と満面の笑みで挨拶し、観客を魅了していた。

杉田監督は今作について「大人が子どもを描くという風にはしたくなかった」と話し、「(子どもたちと)一緒に考えて、『(このセリフを)言いたくなかったら言わなくていいし、こういう風に動きたくなければ動かなくていいよ』と。本当に心が動いて言葉を言いたいとか、動きたいと思ってくれるように、そこだけは大切にして作っている」とこだわりを明かした。

杉田監督が助監督の時代から一緒に仕事をしてきたという西は、「また日本映画に大事な監督ができたなと思いました。より多くの人に見てほしいという気持ちでいっぱいです」と感服した様子で称賛していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi