町田康&中原昌也、アレクセイ・ゲルマンの遺作「神々のたそがれ」を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月28日 > 町田康&中原昌也、アレクセイ・ゲルマンの遺作「神々のたそがれ」を語る
メニュー

町田康&中原昌也、アレクセイ・ゲルマンの遺作「神々のたそがれ」を語る

2015年3月28日 21:30

町田康と中原昌也「神々のたそがれ」

町田康と中原昌也
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ロシアの巨匠アレクセイ・ゲルマン監督の遺作「神々のたそがれ」のトークイベントが3月28日都内劇場であり、作家でミュージシャンの町田康中原昌也が作品を語った。

アンドレイ・タルコフスキーの代表作「ストーカー」の原作者として知られるストルガツキー兄弟が1964年に発表した小説「神様はつらい」が原作。地球から800年ほど遅れた発展を遂げた惑星が舞台で、調査のため、地球から派遣されたドン・ルマータが、未来から知識と力を持って現れた神のごとき存在として崇められるが、政治介入は許されず権力者たちによって繰り広げられる蛮行を映し出す。

本作を2度鑑賞し「全く退屈しなかった」と言う町田は「何よりも素晴らしいと思ったのが、何かが決定的に上手くいかない感覚がすごく良かった。しんどいとか、汚いと思う人もいると思いますが、その世界がおもしろかった」と振り返る。中原は「僕も2回見ていますが、話を理解するよりも、酔っ払った先輩に引きずり回されている感じ」と独特の表現で語り、「音だけ聞いていても気持ちが良い。どういう風にああいうサウンドになったのか気になる」とミュージシャンならではの感想を述べた。

モノクロームで暴力と不潔にまみれた世界が圧倒的な映像で描き出されるが、話の筋を説明する描写が一切ないため、難解とも言われる本作。町田は「1回見ただけでは何がなんだかわからんと言う感じですが、わかる必要はないと思った」そして、「主題はわかりやすい。未開の状態の人間をちょっとましな状態の人が見て、しんどいなという話」と説明する。

中原は「芸術とかお高くとまった感じがない。泥まみれになって出て来る人が理解できる範囲内の世界が描かれていて、物語が無いように見えるのが楽しい。よくわからない太鼓のシーンとか、何がしたいのかわからないですが心躍りました」と話し、町田は「意味不明なことが、いちいちおもしろい。太鼓も曲にすらなっていないのに」と同調。また、町田が「中原昌也の小説の世界に近い」と評すると、中原は「映画より原作が町田さんの小説に近いと思った」と言い、本作にふたりの表現する世界観と共通するものを感じていたようだった。

ストーカー[Blu-ray/ブルーレイ] ストーカー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 「惑星ソラリス」のタルコフスキーが再び手掛けたSF作品で、原作はストルガツキー兄弟。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi