戸田恵梨香、大泉洋の顔がツボ! 笑い止まらず涙「見ないでくださいよ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月17日 > 戸田恵梨香、大泉洋の顔がツボ! 笑い止まらず涙「見ないでくださいよ」
メニュー

戸田恵梨香、大泉洋の顔がツボ! 笑い止まらず涙「見ないでくださいよ」

2015年3月17日 22:10

大泉洋に笑いが止まらない戸田恵梨香(左)「駆込み女と駆出し男」

大泉洋に笑いが止まらない戸田恵梨香(左)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大泉洋主演「駆込み女と駆出し男」の完成披露試写会が3月17日、東京・丸の内ピカデリーで行われ、主演の大泉をはじめ、戸田恵梨香内山理名神野三鈴堤真一原田眞人監督が舞台挨拶に立った。

大泉は今作初めての試写会を迎え、「嬉しさもあるが、(作品が)手元を離れていくという寂しさもある。(観客に)集まってもらったが、帰ってもらってもいいんじゃないかなと」と、のっけからエンジン全開で会場の爆笑をさらった。

夫から暴力を受け離縁を求める女性・じょごを演じた戸田は、「男性の許せない部分」を聞かれ、「じょごもそうですけど、やはり女性に手を上げる男性は許しがたいなと思います」と真摯に語った。一方「素敵だと思う部分」と聞かれると、大泉に「見ないでくださいよ!」と言い放ち、突然の大爆笑。質問に答えられないまま笑い続け、涙をぬぐっていた。この様子に、大泉は「ごめんなさいね、僕の顔を見ると笑ってしまうみたいなんですよ」と釈明。そして「泣くな、答えなさいって!」とまくし立て、さらに戸田を笑わせていた。

内山は「戸田さんは撮影中も(笑いのツボが)はまると結構(笑ってしまう)。涙をこうやって拭いている姿を何度も見ましたね」と裏話を披露。原田監督も、戸田が大泉と神野の掛け合いのシーンで笑いが止まらなくなり、最終的にはカメラから外れる演出になったことを明かした。

終始笑いにあふれたイベントとなったが、大泉は「なんだかおかしな舞台挨拶になってしまいましたけれども、映画は大変骨太な重厚感のある映画です。今までにない時代劇、スピード感とエネルギーをみなさんに楽しんで貰いたいと思います」と映画をしっかりアピールしていた。

駆込み女と駆出し男」は、井上ひさしの時代小説「東慶寺花だより」を原案に、「わが母の記」の原田監督が初挑戦した人情時代劇。江戸幕府公認の駆込み寺・東慶寺には、離縁を求める女たちが日夜やってくる。しかし駆込みには作法があり、御用宿・柏屋での事前調査を受けなければならない。柏屋の居候・信次郎が、柏屋の主人・源兵衛とともに、ワケあり女たちの人生の再出発を手助けする様子を描く。5月16日から全国で公開。

わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] わが母の記[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,184 昭和の文豪・井上靖の自伝的小説を、豪華キャストで描く親子の絆の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi