DC映画「スーサイド・スクワッド」トム・ハーディ代役にジョエル・キナマン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月16日 > DC映画「スーサイド・スクワッド」トム・ハーディ代役にジョエル・キナマン
メニュー

DC映画「スーサイド・スクワッド」トム・ハーディ代役にジョエル・キナマン

2015年3月16日 17:15

ジョエル・キナマン「スーサイド・スクワッド」

ジョエル・キナマン
Photo by WireImage/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ロボコップ」の俳優ジョエル・キナマンが、米ワーナー・ブラザースの新作「スーサイド・スクワッド(Suicide Squad)」に出演することを認めた。

デビッド・エアーが監督・脚本を務める同作は、DCコミックの悪者たち“スーサイド・スクワッド”が、自らが犯した罪を償うために自殺行為に等しいミッションを引き受けるというストーリー。

キナマンは出演すること以外、明言を避けているが、米Colliderによれば当初トム・ハーディが演じる予定だったスーサイド・スクワッドのリーダー、リック・フラッグ役を演じるようだ。ハーディがスケジュールの都合で降板して以降、フラッグ役にはジェイク・ギレンホールジョン・バーンサルジョエル・エドガートンが候補に挙っていた。

その他に決定しているキャストは、ウィル・スミス(ゴッサムシティの殺し屋デッドショット役)、ジャレッド・レト(バットマンの宿敵ジョーカー役)、マーゴット・ロビー(ジョーカーの恋人ハーレイ・クイン役)、ジェイ・コートニー(キャプテン・ブーメラン役)、カーラ・デルビーニュ(魔術師エンチャントレス役)と豪華な顔ぶれ。「スーサイド・スクワッド」は、2016年8月5日の全米公開が予定されている。

なお、キナマンはリーアム・ニーソンと共演したジャウム・コレット=セラ監督のクライムアクション「ラン・オールナイト」が、5月16日から日本公開。

ロボコップ[DVD] ロボコップ[DVD] 最安価格: ¥927 正義のロボットヒーローに生まれ変わった男と凶暴化する社会の悪との闘いを描くSFアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi