離婚訴訟中の三船美佳、胸中を告白「ハッピーエンドにしたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月12日 > 離婚訴訟中の三船美佳、胸中を告白「ハッピーエンドにしたい」
メニュー

離婚訴訟中の三船美佳、胸中を告白「ハッピーエンドにしたい」

2015年3月12日 15:24

笑顔で胸中を明かした三船美佳「ゴーン・ガール」

笑顔で胸中を明かした三船美佳
[拡大画像]

[映画.com ニュース]タレントの三船美佳が3月12日、都内で行われた映画「ゴーン・ガール」のデジタル配信記念イベントに出席。夫・高橋ジョージとの離婚訴訟問題の渦中にある三船だが、報道陣に対して現状を告白した。

会場には笑顔で登場した三船だが「(裁判の最中のため)実際、お答えできない部分がすごく多い」と前置きし、「夫婦の結末は?」と聞かれると、「ハッピーエンドにしたいですね」とほほ笑んだ。そして関係の修復については「何をもって修復かはわからないですが、娘がいますから、両親として娘との関係性がベストにできる状況が(理想)」と話し、「皆さんにご迷惑をおかけしたくないというのが一番。ひとつひとつ大事に考えていきます」と胸中を明かした。

現在は高橋のもとを離れているが、その理由を「一番良くなるためにです」と説明。「母は私のことを尊重してくれて、一歩引いた形でそばにいてくれる。娘も一番静かに生活できるようにと、母と心がけています」と母と娘の支えがあることを語っていた。

映画は、ベン・アフレックロザムンド・パイクが演じる夫婦の闇を描き出すサスペンススリラー。三船は「夫婦だけではなく、人間関係で一番大事なのは、何よりも尊重する心」「相手の気持ちになって、相手がどういう風にしたらいいのかということを心がけていれば、この(映画の)夫婦みたいにならなかったんじゃないかな」と見解を述べていた。

またイベントには、精神科医の名越康文氏も出席。幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミーだが、エイミーが失踪し自宅のキッチンから大量の血痕が発見されたことで幸せな日々が突然終わりを迎える。デビッド・フィンチャー監督がメガホンをとり、ニール・パトリック・ハリスらが出演している。「ゴーン・ガール」デジタル配信版は先行レンタル配信中で、ブルーレイ&DVDは4月3日発売。

ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,500 ギリアン・フリン原作の同名小説を鬼才デイビッド・フィンチャー監督が実写化。男女の隠された欲望と真相を描く、衝撃のサイコロジカル・サスペンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi