エディ・レッドメインが切望「“本当のホーキング博士”を知って、驚いて欲しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月11日 > エディ・レッドメインが切望「“本当のホーキング博士”を知って、驚いて欲しい」
メニュー

エディ・レッドメインが切望「“本当のホーキング博士”を知って、驚いて欲しい」

2015年3月11日 14:00

エディ・レッドメインと スティーブン・ホーキング博士「博士と彼女のセオリー」

エディ・レッドメインと
スティーブン・ホーキング博士
(C)UNIVERSAL PICTURES
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第87回アカデミー賞で主演男優賞に輝いた「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメインが、インタビューに応じた。

本作でレッドメインが演じたのは、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えながらも最先端の研究を精力的に行い、現代の宇宙論に多大な影響を与える車椅子の天才科学者スティーブン・ホーキング博士。ドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」でアカデミー賞を受賞したジェームズ・マーシュ監督が、博士を献身的に支えた妻ジェーンの自伝を基に2人の愛の物語を映画化した。

レッドメインは、ホーキング博士について「博士は21歳の時に、残り2年しか生きられないと宣告されましたが、73歳の現在も生きています。それはとにかく驚異的なことで……博士は偉大な、偉大な、希望の象徴です」と強調。さらに「僕はこの作品で観客の皆さんを驚かせたいと思っています。僕が脚本を読んで驚いたように。博士の人生やパーソナリティ、成功の後ろで博士にエネルギーを注いできたパワフルな女性についてぜひ知ってほしいです」と訴えた。

一方でレッドメインは本作を“ユニークなラブストーリー”だと評する。「ホーキング博士の伝記的なストーリーをイメージしていましたが、実際に脚本を読むと、僕がこれまで読んだ中で最もユニークなラブストーリーでした。博士とジェーンの愛の物語はとてもリアルで、同時にユーモアのあるものなのです」。

ジェーン役のフェリシティ・ジョーンズのことは何年も前から知っていて、2人とも同じ劇団から俳優としてスタートしたのだという。「その劇団にはマイケル・グランデージという名前の演出家がいて、大いにサポートしてくれました。僕はフェリシティの仕事を遠くから見ていて称賛していましたが、一緒に仕事をしたことはありませんでした」と振り返り、「今回共演してみて、本当に素晴らしい女優だと感じました」と改めてジョーンズの才能をたたえた。

博士と彼女のセオリー」は、3月13日全国公開。

マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション[DVD] マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,242 フランスの大道芸人、フィリップ・プティが仲間たちとともに綱渡りを実現させるまでの道のりを描いた、衝撃と感動のドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi