市川由衣、グラビアデビューは14歳「オーストラリアでバンジージャンプ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月7日 > 市川由衣、グラビアデビューは14歳「オーストラリアでバンジージャンプ」
メニュー

市川由衣、グラビアデビューは14歳「オーストラリアでバンジージャンプ」

2015年3月7日 17:00

舞台挨拶に立った市川由衣「迷宮カフェ」

舞台挨拶に立った市川由衣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 骨髄移植を題材にした映画「迷宮カフェ」が3月7日、東京・角川シネマ新宿で封切られ、主演の関めぐみ、共演の市川由衣角田信朗藤原薫大迫一平荒川ちか帆根川廣監督が舞台挨拶に出席した。

訪れた客が次々に失踪すると噂のある一軒のカフェを舞台に、サスペンスとユーモアを交えて紡ぎだされるヒューマンドラマ。謎に満ちた店主マリコとカフェの真相を暴こうとやってきた週刊誌記者は、3人の常連客に出会い、マリコが自殺志願者を募り、骨髄移植を条件に自殺用カプセルを渡していることを知る。マリコの行動の背景には、14歳のころに出会った少女ソラの影があった。

14歳の少女が物語の鍵を握るという内容にちなみ、登壇陣に「子ども時代の思い出は?」という質問が寄せられた。常連客の1人を演じた市川は、「14歳がちょうどグラビアでデビューした年」と話し、「初仕事がオーストラリアでバンジージャンプ。すごく印象に残っていて、『仕事とはこういうもの』と何も考えずにバンジーした記憶があります」と笑顔で振り返っていた。

一方で関と藤原は、撮影の合間によく小芝居に興じていたそうで、藤原は「(モノマネタレントの)コロッケさんがやっていて、それを見てすごく感動した」という“恐竜のモノマネ”を披露し、客席を喜ばせた。現場で伝授された関もモノマネをマスターしたそうだが、角田らに実演をせがまれると「本当に私はやらないですよ!」と断固拒否していた。

また映画が「骨髄移植と自殺」をテーマに据えているだけに、「K-1」の競技統括プロデューサーでもある角田は今は亡き2人のK-1ファイターに思いを馳せた。「僕がK-1で一緒に戦ってきたアンディ・フグマイク・ベルナルドという偉大なファイターが、アンディは白血病で亡くなり、マイクは自らの命を絶ってしまった。僕はこの2人の戦友に導かれるようにして、この映画にたどり着いたような気がしている」と真摯な眼差(まなざ)しで語り、「僕は彼らに、この映画をささげたい」と思いを明かしていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi