Charisma.comが「死んだ目をした少年」トークイベントに登壇! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月3日 > Charisma.comが「死んだ目をした少年」トークイベントに登壇!
メニュー

Charisma.comが「死んだ目をした少年」トークイベントに登壇!

2015年3月3日 06:00

(左から)アップダウン竹森、阿部、加納監督、カリスマいつか、ゴンチ「死んだ目をした少年」

(左から)アップダウン竹森、阿部、加納監督、カリスマいつか、ゴンチ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 東京のテアトル新宿で独占レイトショー公開中の「死んだ目をした少年」のトークイベントが、2月28日の上映後に行われ、主題歌「とんがりヤング」を書き下ろした人気エレクトロラップユニットCharisma.com、監督の加納隼が登壇。司会をお笑いコンビ、アップダウンの竹森巧阿部浩貴が務めた。

作品は、独特のタッチとストーリー展開で根強いファンを持つ人気漫画家・古泉智浩氏の同名コミック(青林工藝舎刊)を、これからの活躍が期待される加納監督で実写映画化したもの。淡々と過ぎゆく毎日の中で、生きる意味を見出せないでいた思春期の少年の成長を描く、新世代の青春エンタテインメント。

Charisma.comは今回、初めて映画に曲を提供。映画の世界観と曲が融合し、ラストの爽快感を盛り上げている。映画の感想を聞かれたDJのゴンチは「実写になるとやっぱり“目”がインパクトあって、最初は死んでいた主人公の少年の目が、終わり頃には生き返っていたのが印象的でした」、MCのいつかは「私も漫画を読んでから監督とお会いして、モヤモヤしているという話を聞いていたのですが、そのモヤモヤ感が作品にバッチリ出ていた」と語った。

「とんがりヤング」を最初に聞いた印象を加納監督は「事前に抽象的なイメージしか伝えられてなかったのに、モヤモヤをぶっ飛ばしながらも、モヤモヤしている格好いい曲で凄いなと思った」と感謝し、いつかは「これまでは自分の中から出てきたものを曲にしていましたが、今回は漫画と脚本から感じたものをイメージし、昨年夏の足利での撮影現場も見学しました。自分も経験したような思春期の話なので、昔を見る感じで作ることができた」と振り返った。

ゴンチは「ラストにお姉さんが走り去りながら笑顔になるところにやられました」と好きなシーンを挙げ、いつかも「皆さんも2、3 回見て好きになるシーンを探して欲しい」と薦めた。加納監督は「もの凄く格好いいCharisma.comさんのライブに是非行って下さい」と締め括り、アップダウンの進行で終始笑いの絶えないトークイベントとなった。主題歌「とんがりヤング」は配信限定で発売中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi