佐伯日菜子、第19回日本アカデミー賞授賞式での豊川悦司の姿を懐かしむ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年3月1日 > 佐伯日菜子、第19回日本アカデミー賞授賞式での豊川悦司の姿を懐かしむ
メニュー

佐伯日菜子、第19回日本アカデミー賞授賞式での豊川悦司の姿を懐かしむ

2015年3月1日 10:30

樋口尚文氏と佐伯日菜子「八つ墓村(1977)」

樋口尚文氏と佐伯日菜子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション」から発売中の野村芳太郎監督作「八つ墓村(1977)」の特別上映会が2月28日、都内で開催され、映画評論家の樋口尚文氏と女優の佐伯日菜子がトークイベントに出席し、その魅力を語り尽くした。

横溝正史氏の同名小説を原作とし、探偵・金田一耕助が活躍するミステリー映画。77年版では、故渥美清さんが金田一役を務めている。公開当時のCMは人気を博し、「祟りじゃ~!」というセリフは流行語にもなったほど。樋口氏は「CMでは(山崎努演じる)多治見要蔵が走ってくる画にあわせて、『祟りじゃ、八つ墓の祟りじゃ』と言って、小川真由美さんのカラーコンタクトのアップになる。タラランとピアノが鳴る。それで、『超大作、八つ墓村』というのが出る。なんなのこれ、というので、祟りじゃというのがはやった」と懐かしんだ。

樋口氏は、脚本を手がけた橋本忍について言及。「黒澤明の『生きる』や『羅生門』の大脚本家と言われているが、『砂の器』『八甲田山』『八つ墓村』といった娯楽映画・大作映画の飛ばし方というのが、すごくいきのいい感じがある」といい、「大作映画のある種のいい加減さがあり、でもすごい技術で作るというのがあるといいなというのを、また見て思いました」と改めて堪能した様子だった。

これまで「八つ墓村」は何度も映像化され、市川崑監督作「八つ墓村(1996)」では、豊川悦司が金田一役に挑んでいる。佐伯は、第19回日本アカデミー賞でプレゼンターを務めた当時を振り返り、「俳優賞で豊川悦司さんがノミネートされていたんですが、ギリギリになって突然現れた。みんなタキシードとか、きらきらした格好をしているのに、セーターにジーンズで、さらに『八つ墓村』の台本をポケットに入れたままふらりと現れた。めちゃくちゃ格好いいと思いましたね」と明かした。

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 八つ墓村[Blu-ray/ブルーレイ] あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 八つ墓村[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,454 『砂の器』のスタッフが総力を挙げて横溝正史の傑作を大胆に映画化!八つ墓明神の祟りか!計画的な殺人か?名探偵・金田一耕助の推理が冴えわたる!
羅生門 デジタル完全版[Blu-ray/ブルーレイ] 羅生門 デジタル完全版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 映画史上に燦然と輝く日本映画の至宝、黒澤明の代表作「羅生門」がブルーレイ・ディスク化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi