東映の第3四半期決算、興行事業は前年比増も映像事業はマイナス : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月21日 > 東映の第3四半期決算、興行事業は前年比増も映像事業はマイナス
メニュー

東映の第3四半期決算、興行事業は前年比増も映像事業はマイナス

2015年2月21日 06:00

[映画.com ニュース] 配給大手の東映が、2015年3月期第3四半期決算短信を発表。売上高は前年同期比6.5%減の835億8400万円となったが、四半期純利益は前年同期比13.1%増の65億2200万円となった。

映画製作配給業では、提携製作作品など30本を配給し、「相棒 劇場版III 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ」「ふしぎな岬の物語」などがヒット。ビデオ事業では主力の劇場用映画とテレビ映画のDVDを販売。テレビ事業では、「相棒 season13」「科捜研の女」などを制作。キャラクターの商品化権営業や、劇場用映画などのテレビ放映権とビデオ化権などの販売、アニメ関連では「ワンピース」や「ドラゴンボール」シリーズの海外版権事業が堅調に推移した。

映画製作配給業・ビデオ事業・テレビ事業の3部門の連携を強化したが、映像関連事業部門の売上高は前年同期比8.9%減の526億5500万円、営業利益は56億6700万円(前年同期比16.2%減)となった。映画興行業では、ティ・ジョイ運営のシネコンが堅調に稼動し、194スクリーン体制で展開。興行関連事業と催事関連事業の積極展開などによって収益の拡大を図った結果、興行関連事業部門の売上高は前年同期比0.2%増の133億7300万円、営業利益は13億7100万円(同14.0%増)となった。

松竹と東宝の2015年2月期第3四半期決算短信は1月に発表され、ともに映画・映像関連事業の売上増が全体の好推移に寄与した。14年の年間興行収入は松竹が138億7639万5200円で前年比141.6%、東宝が729億6540万6502円で同108.4%、そして東映が116億1122万4340円で同69.0%となり、松竹、東宝に比べると東映は数字を落とした。3社合計では984億5302万6042円で前年比104.7%の成績。

東映は2月2日に15年の配給ラインナップを発表しており、「さらば あぶない刑事 long good bye」をはじめ、「ドラゴンボールZ 復活の『F』」「王妃の館」「おかあさんの木」「海難1890」などを主力とした作品群で巻き返しを図る。

相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] 相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ 豪華版Bl...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,832 水谷豊が贈る史上最高密度を誇る極上のミステリー作品。
ふしぎな岬の物語[Blu-ray/ブルーレイ] ふしぎな岬の物語[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,724 人気作家・森沢明夫の小説を基に、のどかな里で小さな喫茶店を営む女店主と、店に集う人々との心温まる交流を描いた人間ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi