ベン・ウィショーがゲイの青年演じた感動作、5月23日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月19日 > ベン・ウィショーがゲイの青年演じた感動作、5月23日公開
メニュー

ベン・ウィショーがゲイの青年演じた感動作、5月23日公開

2015年2月19日 17:30

「追憶と、踊りながら」ポスター「追憶と、踊りながら」

「追憶と、踊りながら」ポスター
(C) LILTING PRODUCTION LIMITED /
DOMINIC BUCHANAN PRODUCTIONS / FILM LONDON 2014
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気英俳優のベン・ウィショーがゲイの青年役で主演した「Lilting」が、「追憶と、踊りながら」の邦題で5月23日に劇場公開されることが決定し、ポスタービジュアルが初公開された。

2013年にスクリーン・デイリー紙で「明日のスター」のひとりに選ばれた、カンボジア出身の若手監督ホン・カウの長編デビュー作。カウ監督が「自分の経験や、パーソナルなもの、親密に感じる部分をこの映画には投影させたかった」と母への思いを投影し、最愛の人を失った痛みと消えることのない記憶の輝きを優しく描く。

ロンドンの介護ホームで暮らすカンボジア系中国人のジュンは、英語ができず息子カイとの面会の時間を唯一の楽しみにしていた。息子の友人リチャードを嫌うジュンだったが、リチャードはジュンのことを気にかけ、同じホームのアランと交際できるよう、言葉が通じないふたりのため通訳を雇う。

2012年に同性結婚したウィショーが、ゲイの青年リチャードを好演。ベテラン女優チェン・ペイペイがジュンを演じ、新人俳優アンドリュー・レオンが、物語のカギをにぎるカイ役に挑んだ。ポスタービジュアルは、物思いにふけるウィショーとチェンをメインに、柔らかな光に浮かび上がるレオンが印象的なデザインだ。

第30回サンダンス映画祭でオープニング作品として上映され、最優秀撮影賞を受賞。ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード2014で主演女優賞、プロダクション賞、新人監督賞、第68回英国アカデミー(BAFTA)賞で英国デビュー賞にノミネートされた。

追憶と、踊りながら」は、5月23日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi