M・アザナビシウス監督渾身の感動作「あの日の声を探して」予告編 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月19日 > M・アザナビシウス監督渾身の感動作「あの日の声を探して」予告編
メニュー

M・アザナビシウス監督渾身の感動作「あの日の声を探して」予告編

2015年2月19日 14:10

「あの日の声を探して」の一場面「あの日の声を探して」

「あの日の声を探して」の一場面
(c) La Petite Reine / La Classe Americaine
/ Roger Arpajou
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞作品賞ほか全5部門を受賞した「アーティスト」のミシェル・アザナビシウス監督の最新作「あの日の声を探して」予告編が公開された。グルジアで全編手持ちカメラで撮影を行い、演技経験のないチェチェンの少年が主人公を熱演する力強い映像の一端を確認できる。

1946年のアカデミー賞4部門ノミネート作「山河遥かなり」(フレッド・ジンネマン監督)から着想を得、徹底したリアリティを追求した本作は、オーディションで選ばれた、主人公の少年ハジ役と共に、ベレニス・ベジョアネット・ベニングら実力派女優が共演。1999年ロシアに侵攻されたチェチェンで両親を殺され、姉と生き別れ、声を失った9歳の少年ハジが、難民キャンプで懸命に生きる姿を描く感動作だ。

あの日の声を探して」は4月24日から、TOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi