ひと目ぼれから始まる「フィフティ・シェイズ」、石田純一「僕はふた目ぼれするタイプ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月16日 > ひと目ぼれから始まる「フィフティ・シェイズ」、石田純一「僕はふた目ぼれするタイプ」
メニュー

ひと目ぼれから始まる「フィフティ・シェイズ」、石田純一「僕はふた目ぼれするタイプ」

2015年2月16日 19:30

独自の恋愛観を披露した石田純一「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

独自の恋愛観を披露した石田純一
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」が日米同時公開された2月13日、大阪・TOHOシネマズ梅田アネックスで女性限定のトークイベントが開催され、石田純一が登壇した。

50カ国以上で出版され、全世界累計1億部突破のベストセラー小説を映画化。巨大企業の若き起業家にしてCEO、イケメン大富豪のグレイと、恋愛未経験の平凡な女子大生アナの特異な愛の行方を描く。

石田は本作を「ひとことで言うと超官能的! エロスが全開ですね」と寸評。そして「この映画は“感じる”映画だと思います。最初のほうからぐいぐい引き込まれるし、エロスや官能的な部分など、恋愛の深いところまで描いています。映画をご覧になる人たちにも考えずに感じてほしいです」と訴えた。

グレイとアナの恋は、ひと目ぼれから始まる。石田は、ひと目ぼれ経験は「もちろんありますよ」。そのうえで、「ただ僕は女性的な考え方をするタイプなので、愛するということは知りたいということと同義なんです。好きになると相手のことをもっと知りたいと思うので、僕の場合はひと目ぼれというよりはふた目ぼれですね」と明かした。

この日はバレンタインデーの前日。“愛の伝道師”を自称する石田は「以前、外国に行った際にチョコレートを渡されて『結婚してください』と言われたときは驚きました。中学、高校のときはドキドキしていましたけど、今は結婚しているしサプライズもないのでそんな気持ちになる機会もありませんね」とバレンタインデーの思い出を述懐。さらに「昔は新人女優さんと共演したときはドキドキしました。やっぱり2度目の共演からは意識するようになりますよ。『男は目で恋をして、女性は耳で恋をするもの』だと思います」と独自の恋愛観を披露した。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi