RADWIMPS・野田洋次郎、初主演映画「トイレのピエタ」で主題歌も担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月13日 > RADWIMPS・野田洋次郎、初主演映画「トイレのピエタ」で主題歌も担当
メニュー

RADWIMPS・野田洋次郎、初主演映画「トイレのピエタ」で主題歌も担当

2015年2月13日 11:00

「トイレのピエタ」で共演した野田洋次郎&杉咲花「トイレのピエタ」

「トイレのピエタ」で共演した野田洋次郎&杉咲花
(C) 2015「トイレのピエタ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎が、自らの映画初主演作「トイレのピエタ」で主題歌「ピクニック」を担当することが決定した。

ドキュメンタリー映画「ピュ~ぴる」の松永大司監督が、故手塚治虫さんが死の間際までつづった病床日記を原案に、余命3カ月を宣告された青年・宏と女子高生・真衣の最後の夏を描く。

野田は、撮影の1年前から松永監督と話し合いを重ねるなか、主題歌のオファーを受けたという。クランクイン後は「撮影中に思ったこと、心が動いた瞬間、その断片をケータイや台本にメモってはいましたが、何よりも僕の中に深くこのピエタの世界、真衣、そして死が積み上がっていくのを感じました。それは抗いようもなく、日々刻々と大きくなっていったのです」と本作の存在感が増していった。

打ち上げで1曲歌うことになり「せっかくならスタッフ、共演者の皆さんに感謝を伝えたい、そしてその頃には僕の中のほぼすべてを支配していたこの『トイレのピエタ』の世界をひとつ残らず形に残しておきたいと思ったのです。撮影後の数日間、それは苦しくも幸せな時間でした」と吐露。そして「自分だけが知る輝きと光があったとしたら、それを遺したい。死にぶつかって、真衣に出会って、そのあまりにも尊くて汚れのないものを前に、僕も宏も同じことを思ったんだと思います。この曲を遺せたことを幸せに思います」と思いの丈を語っている。

トイレのピエタ」は、6月6日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi