鳥越俊太郎氏「『アメリカン・スナイパー』は戦争の本質に肉迫した極めてリアルな映画」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月11日 > 鳥越俊太郎氏「『アメリカン・スナイパー』は戦争の本質に肉迫した極めてリアルな映画」
メニュー

鳥越俊太郎氏「『アメリカン・スナイパー』は戦争の本質に肉迫した極めてリアルな映画」

2015年2月11日 14:50

登壇した鳥越俊太郎氏「アメリカン・スナイパー」

登壇した鳥越俊太郎氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クリント・イーストウッド監督最新作「アメリカン・スナイパー」の特別試写会が2月10日、都内で行われ、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が登壇した。イーストウッドが若かった頃から大ファンだという鳥越氏は、本作やイーストウッドについて熱いトークを展開した。

米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。2003年にイラク戦争が始まってから4度にわたって遠征し、160人を射殺したカイルの半生を描く。第87回アカデミー賞では作品賞・主演男優賞(ブラッドリー・クーパー)など6部門でノミネートされている。

11年前に取材でイラクを訪れた経験を持つ鳥越氏は、「これは戦争を賛美する映画ではない。ある意味では反戦映画だ」というイーストウッドのコメントを紹介。「戦争の本質にギリギリのところまで迫った極めてリアルな映画。伝説の狙撃手をヒーローとして持ち上げるだけの作品ではなく、主人公と家族との関係も交えながら、戦争の持っている悲劇や残酷な面を余すところなく描いている」と称えた。さらに、「『父親たちの星条旗』や『硫黄島からの手紙』でもそうだったが、イーストウッドが戦争映画を作ると単純な善悪二元論にならないのは、常にヒューマニズムが底流に流れているからだと感じる」と語った。

ヒア アフター」が公開された11年にはイーストウッドと対談した鳥越氏は、その時の印象について「イーストウッドはとても優しく、会った人は誰でも好きになるような方だった。当時私がガンを患っていたことを知ると、肩を抱き寄せるようにして“体は大丈夫か? よく来てくれたな”といたわってくれた」と感慨深げな面持ちで述懐。さらに「その時の私は『無敵』と書かれた安物のバッジを身につけていた。イーストウッドがそのバッジを興味深そうに見ていたので、胸につけてあげた。そしたら、2~3カ月後に発売されたいろいろな雑誌で、そのバッジをつけているイーストウッドの姿を目にしました(笑)」と意外なエピソードを明かし、会場を沸かせた。

アメリカン・スナイパー」は2月21日から、新宿ピカデリー・丸の内ピカデリーほか全国公開。

父親たちの星条旗[Blu-ray/ブルーレイ] 父親たちの星条旗[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いをアメリカ側から描いた硫黄島2部作の第1弾。
硫黄島からの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 硫黄島からの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 クリント・イーストウッド監督が、太平洋戦争で壮絶を極めた硫黄島での戦いを日本側から描いた硫黄島2部作の第2弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi