岩井俊二監督、理想の親友像を語る「なんでこいつと思うやつ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月11日 > 岩井俊二監督、理想の親友像を語る「なんでこいつと思うやつ」
メニュー

岩井俊二監督、理想の親友像を語る「なんでこいつと思うやつ」

2015年2月11日 11:00

理想の親友像を語った岩井俊二監督と桜井美南「花とアリス」

理想の親友像を語った岩井俊二監督と桜井美南
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岩井俊二監督初の長編アニメ作品「花とアリス殺人事件」が「キットカット」とコラボレーションし2月10日、東京・新宿バルト9で女子高生限定の試写会を実施。岩井監督とキットカット受験生応援イメージキャラクターの桜井美南がトークイベントに出席した。

2004年に公開され、蒼井優鈴木杏がブレイクするきっかけとなった実写版「花とアリス」は、前年に「キットカット」が企画したWEB限定のショートフィルムとして製作されたのが始まりということもあり、縁は深い。2人の女子高生の友情を描いた本作にちなみ、岩井監督は理想の親友像を「意外と『何でこいつと……』と思うやつと意外と末長かったりして。なんとなく寄り添い合えるやつがいい親友なのかなと。花とアリスもお互いが1番とは思っていないと思う。でも付かず離れず、そこがほほ笑ましくていいんじゃないかな」と語った。

実写版の「花とアリス」も見たという桜井は、岩井監督に「なんでこんなにも女子高生の気持ちがわかるんですか?」と興味津々の様子。岩井監督は、「自分でもよくわからないんですけど、こういう年の子ってこういうことするよなって、あちこち見ているんですかね」と鋭い観察眼を明かした。

今作を製作するにあたり、通常アニメ作品ではやらない「実写撮影」をひと通り行ったという岩井監督。「絵コンテを描いていたのが一昨年の9月くらい。長かったですね。浦島太郎状態です」と苦労を吐露したが、「やってよかった」と胸を張った。客席を埋めた女子高生には、「僕も中学、高校の頃に映画館に足を運んで見た映画が忘れがたい映画になっている。映画館に来るということ自体が不思議体験だった。いつか大人になった時に思い出してもらえる映画になっていればいいなと思います」とアピールした。

花とアリス殺人事件」は、実写版「花とアリス」の岩井俊二監督が再び原作・脚本・音楽・監督を手がけ、蒼井と鈴木をはじめ、相田翔子平泉成、キムラ緑子、木村多江郭智博といった前作のキャスト陣が声優として再結集する。ふたりの中学時代に焦点を当て、“史上最強の転校生”アリスと“史上最強の引きこもり”花の出会いと、小さな殺人事件を描く。2月20日から全国で公開。

花とアリス[Blu-ray/ブルーレイ] 花とアリス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,175 明るく素直な“花”と自由奔放で勝手な“アリス”が大人へと成長していく姿を描いた初恋物語。
スワロウテイル[DVD] スワロウテイル[DVD] 最安価格: ¥3,036 架空の都市イェンタウンを舞台に、娼婦だった母を殺された少女の目を通して人々の夢や野心を描いたドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi