神木隆之介&門脇麦「太陽」で入江悠とタッグ!劇団イキウメの人気舞台を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月11日 > 神木隆之介&門脇麦「太陽」で入江悠とタッグ!劇団イキウメの人気舞台を映画化
メニュー

神木隆之介&門脇麦「太陽」で入江悠とタッグ!劇団イキウメの人気舞台を映画化

2015年2月11日 05:00

「太陽」に主演する神木隆之介と門脇麦

「太陽」に主演する神木隆之介と門脇麦
(C)2015「太陽」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 気鋭の映画監督・入江悠が、読売演劇大賞ほか多くの演劇賞に輝く劇作家・前川知大率いる「劇団イキウメの舞台「太陽」を映画化することが決まった。夜にしか生きられない新人類と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類の間で起こる対立と融和を通し、生きることの意味を問う近未来ストーリーにダブル主演として挑むのは、若手実力派の神木隆之介門脇麦だ。

SR サイタマノラッパー」シリーズ、「ジョーカー・ゲーム」などを手がけてきた入江監督が、神木、門脇という“戦友”を得て、2011年に公演されて熱狂的な支持を得た人気舞台の映画化に着手した。同作は、昨年7~8月には前川が脚本を書き直し、蜷川幸雄演出により「太陽2068」として舞台化。映画版では、入江監督が前川と共同で脚本を執筆している。舞台となるのは、バイオテロで人口が激減した21世紀初頭。ウイルスに感染したものの生き残り、抗体をもった新人類「ノクス」は、若く健康な肉体と高い知能を維持する一方で、紫外線に弱く夜しか活動できない。一方、ウイルスに感染せず生き残った旧人類は「キュリオ」と呼ばれ、ノクスからは差別されていた。

神木が演じるのは、キュリオの貧しい村に生まれ、自分の境遇を呪いながらノクス社会への憧れを隠そうとしない奥寺鉄彦。「桐島、部活やめるってよ」での好演は記憶に新しく、以降も「るろうに剣心」「バクマン。」など話題作への出演が相次ぐなど演技派への道を着実に歩むなか、入江監督とは初タッグ。オファーを受けたときは「とても嬉しかったです。入江監督の作品に参加させて頂けるとのことで、すごく光栄に思った」という。

撮影は既に終えており、「本当に寒かったです。夜の山での撮影が多く、寒さとの戦いでした」と振り返る。自らの役どころについては、「鉄彦の周りの環境は恵まれていなかったり、彼自身、心の中での葛藤があったと思います。ただ、今いる環境からいかに自分で一歩を踏み出し、未来をつくっていくか。という希望感というのを消さずに演じました」と明かす。

一方の門脇は、鉄彦の幼なじみでノクスへの反感を糧に村の復興を担おうとする生田結に息吹を注ぎ込む。劇団イキウメの公演を見ていたそうで、「あの作品を入江さんが映像化するのか! 見てみたい! と非常にワクワクしました」と述懐。神木と同様に、撮影は「夜から明け方に撮影することも多かったですし、とにかく寒かったです」と話す。そして、「彼女の気持ちが揺れ動くことで物語も進んでいくのですが、それ揺れ動く気持ちの底の底では一体何を思っているのかという事は、いつも忘れずにいようと心がけました」と役作りについて説明した。

入江監督は、主演2人に対し「本作は『2種類に分かれてしまった人類とその葛藤』について描かれており、俳優が劇中の人間たちを演じるには高度な知性と日頃の訓練、感性が求められました。同時に、真冬の撮影現場は物理的な過酷さを極めました。このおふたりでなければ乗り越えられなかったと思います」と称賛。さらに、「何もかもが新しく、何もかもが未知の冒険でした。キャスト・スタッフと試行錯誤しながら積み上げていく過程は非常にスリリングで、ものを作る原初的な喜びに満ちていました」とコメントを寄せている。

太陽」は、2016年に全国で公開。

SR サイタマノラッパー[DVD] SR サイタマノラッパー[DVD] 最安価格: ¥3,140 北関東のど真ん中、レコード屋もライブハウスもないサイタマ県の片田舎で、不器用ながらもラッパーを目指す青年たちを描く青春ドラマ。
劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,716 新鋭監督・入江悠×カリスマバンド・神聖かまってちゃん。時代を突き進む2つの才能が打ち鳴らす、衝撃と感動の青春群像劇!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...

株式会社アンプラグド

経験の有無は問いません。行動力のある方、コミュニケーション能力に長けた方を...

職種映画宣伝
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi