パリ留学中の熊切和嘉監督、喜びの一時帰国「早く新しい映画を撮りたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月10日 > パリ留学中の熊切和嘉監督、喜びの一時帰国「早く新しい映画を撮りたい」
メニュー

パリ留学中の熊切和嘉監督、喜びの一時帰国「早く新しい映画を撮りたい」

2015年2月10日 21:10

熊切和嘉監督(下段右から2人目)、 綾野剛、安藤サクラら受賞者たち「私の男」

熊切和嘉監督(下段右から2人目)、
綾野剛、安藤サクラら受賞者たち
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「第69回毎日映画コンクール」の表彰式が2月10日、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールで行われた。

作品賞に当たる日本映画大賞に輝いたのは「私の男」。文化庁新進芸術家海外研修制度でパリに留学中だった熊切和嘉監督は一時帰国し、「映画作りは順調にいった試しがないけれど、この作品はことのほか過酷だった。それで歴史ある賞をいただけて本当にうれしい」と喜びをかみしめた。帰国は8月の予定で、「いくつも撮りたい作品がある。今は早く新しい映画を撮りたい」とさらなる意欲を見せた。

日本映画優秀賞の「そこのみにて光輝く」は呉美保監督が監督賞、綾野剛が男優主演賞、池脇千鶴が女優助演賞の4冠。故佐藤泰志さんの原作を映画化した前作「海炭市叙景」が熊切監督の作品で、呉監督は「皆で賞を頂けるのは本当にうれしい。熊切監督の作品がなければ撮れていなかった。まだお礼を言えていないけれど、ありがとうございます」と感謝していた。

綾野は、「俳優は自分からは評価できない立場。だから毎回疑ってきたが、こうやって評価され、少しずつ自分を認めることも大事だと教わった気分です」と神妙な面持ち。1999年のスポニチグランプリ新人賞以来の受賞となる池脇は、「あの時は意味が分からず、ただ驚いて喜んだだけだったけれど、もう1回この場に立てたのは奇跡。でも私は何も変わらないので、この賞におごらず自分らしく仕事をしていきたい」と“らしく”自然体で語った。

安藤サクラは、姉の安藤桃子監督の「0.5ミリ」で女優主演賞を獲得。桃子監督も脚本賞に輝き、初の姉妹同時受賞に「姉の作品で一緒に来られたことがとてもうれしい。私のことを一番近くでいろんな視点で観察してくれて、特に感謝している」と称えた。臨月を迎えている桃子監督も、「監督として失敗したら、妹の人生までをもひっくり返してしまうのが怖かった。でも、最もリスペクトしている女優も妹。姉として本当にうれしい。楽屋で(赤ちゃんが)出るんじゃないかと思ったし、トロフィーもズシンときた」とおどけた。サクラも、「生まれてきたら、今日のことを話そうと思います」と、伯母になるのが待ち遠しい様子だった。

WOOD JOB! 神去なあなあ日常」で男優助演賞を受賞した伊藤英明は、映画での演技賞は人生初。「内心は跳び上がるほどうれしいが、ただただ恐縮している。この役を与えてくださった矢口史靖監督に感謝しています」と緊張仕切りで、終了後も「手と足が同時に出ないことだけに気をつけた。空気を楽しむことができなかった」と苦笑いだ。それでも、昨年10月に結婚し「喜んでくれる人が増えたのはうれしい」と相好を崩していた。

鈴木京香は、名女優・田中絹代の名を冠した田中絹代賞に三つ紋の訪問着で登場。「半信半疑で、あまりにも大きな名前が付いた名前で、賞とトロフィーの重みに戸惑っています。田中さんのような日本の母親像、女性像を演じられるよう、少しずつでも前に進んでいけたら」と静かに決意を口にした。

スポニチグランプリ新人賞に輝いたのは、「ホットロード」の登坂広臣と「渇き。」の小松菜奈。「三代目J Soul Brothers」のボーカルでもある登坂は、「まだまだ表現者としては未熟なので、もっともっと自分を磨いていきたい。まずは歌をしっかりやって、また(映画と)巡り合う機会があれば考えます」と神妙な面持ち。小松は、同作のオーディション時には女優にあまり興味はなかったそうだが、「撮影をしているうちに、自分ではない何かを演じるのが楽しくなってきた。これからもイメージを覆していきたい」とどん欲な姿勢を見せていた。

私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,005 第36回モスクワ国際映画祭コンペティション部門にて〈最優秀作品賞〉〈最優秀男優賞〉W受賞の快挙!直木賞受賞のベストセラー小説、禁断の映画化!浅野忠信、二階堂ふみが贈る“禁断の純愛”を描いた作品。
そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,385 何度も芥川賞候補に挙げられながらも賞に恵まれず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志。短い函館の夏を舞台に、生きる目的を見失った男と愛を諦めた女との出会い、そして底辺で生きる家族を慈しむような眼差しで描き、唯一の長編小説にして最高傑作と言われる「そこのみにて光輝く」の、発刊から24年を経て綾野剛を主演に映画化した作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

私の男の女 DVD-BOX I[DVD] 私の男の女 DVD-BOX I[DVD]最安値: ¥16,416 私の男のロマンス[DVD] 私の男のロマンス[DVD]最安値: ¥5,184 私の男[DVD] 私の男[DVD]最安値: ¥3,336
私の男のスニ[DVD] 私の男のスニ[DVD]最安値: ¥1,000 私の男[Blu-ray/ブルーレイ] 私の男[Blu-ray/ブルーレイ]最安値: ¥4,005 私の男の女 DVD-BOX II[DVD] 私の男の女 DVD-BOX II[DVD]最安値: ¥13,165
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi