さまぁ~ず、「ムーミン」ピカルド監督とユーモア合戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月3日 > さまぁ~ず、「ムーミン」ピカルド監督とユーモア合戦
メニュー

さまぁ~ず、「ムーミン」ピカルド監督とユーモア合戦

2015年2月3日 20:50

ユーモア合戦を繰り広げた「さまぁ~ず」とピカルド監督(左)「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」

ユーモア合戦を繰り広げた「さまぁ~ず」とピカルド監督(左)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ大竹一樹が2月3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズて行われた「劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」のプレミア試写会に、来日中のグザビエ・ピカルド監督、ムーミンとともに登壇した。

今作で声優に挑戦した「さまぁ~ず」の2人は、ムーミンと手をつないで仲良く登場。のっけから三村が、仏語で挨拶する監督の通訳を始め、大竹が「ムーミン役を担当しました」と挨拶するなど、アクセル全開のトークを繰り広げた。

2人の勢いに驚いていたピカルド監督も、会場が笑いに包まれると安心した表情をのぞかせた。そして「声も素敵で、演技もすごくうまい。劇中で演じてもらった2人(三村のモンガガ侯爵と大竹のクラーク)は、ユーモアもあり非常に重要な人物。1000回ありがとうと言いたい」と称え、「1回で終わるのはもったいない。これからも声優を続けたら?」とアドバイス。さらに「(2人は)コメディアンを辞めて声優に転職されるそうですから、お目にかかれるのはこれで最後でしょう」と観客に語りかけ、笑いを誘っていた。

また、大竹がムーミンと恋人のフローレンの会話について、「(フローレンが)ビキニをつけるシーンで、ムーミンが『それじゃ裸みたいじゃないか』と言うんですけど。その前どう見えてたんだよ! っていう。わざと?」とツッコミを入れると、ピカルド監督は「実はユーモアなんです。ユーモアだとわかってもらえて安心しました」と満足げにほほ笑んでいた。

ムーミンの生みの親トーベ・ヤンソン氏の生誕100周年を記念し、フィンランドで製作。南の海にバカンスにやってきたムーミン一家だったが、フローレンとムーミンパパがぜいたくな生活のとりこになってしまったことで、家族がバラバラになってしまう様子を描く。

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス」は、2月13日から全国で公開。

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペットアニメーション 数量限定版(ムーミン谷の彗星 オリ...[DVD] 劇場版 ムーミン谷の彗星 パペットアニメーション 数量限定版(ムーミン谷の彗星 オリ...[DVD] 最安価格: ¥4,314 カンヌ映画祭で上映され、幻の名作と言われている作品がついに日本に登場。
ムーミン パペット・アニメーション 冬の巻 ~ムーミン谷の冬~[DVD] ムーミン パペット・アニメーション 冬の巻 ~ムーミン谷の冬~[DVD] 最安価格: ¥2,165 ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンが自ら監修を担当したシリーズをデジタルリマスターで色鮮やかによみがえらせたパペット・アニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi