池松壮亮、チョコは嫌い!? バレンタインは「うどんが欲しい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年2月1日 > 池松壮亮、チョコは嫌い!? バレンタインは「うどんが欲しい」
メニュー

池松壮亮、チョコは嫌い!? バレンタインは「うどんが欲しい」

2015年2月1日 16:00

舞台挨拶に立った(左から) 月川翔監督、マキタスポーツ、池松壮亮「この世で俺/僕だけ」

舞台挨拶に立った(左から)
月川翔監督、マキタスポーツ、池松壮亮
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新鋭・月川翔監督の最新作「この世で俺/僕だけ」が1月31日、東京・渋谷のユーロスペースで公開初日を迎え、ダブル主演した池松壮亮とマキタスポーツ、月川監督が同館で舞台挨拶に立った。

昨年「海を感じる時」「紙の月」「バンクーバーの朝日」など出演作が立て続けに公開され、第57回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞するなど、目覚ましい活躍を見せる池松。舞台挨拶後の取材では、「(ブルーリボン賞は)運がよかったなっていうか。公開作も重なって」と冷静に振り返り、「一昨年撮ったもので(今作が)唯一公開していなかったものなんですよ。ひとつ何かが終わったというか、これからもう1回頑張ろうと思います」と決意を新たにした。

同作は、偶然出会った中年サラリーマン(マキタ)と不良高校生(池松)が、街の利権をめぐる偽装誘拐事件に巻き込まれていく様を描く。マキタら3人たっての希望で、当初の予定よりも早く客席からサプライズ登壇した3人。マキタが「現場の雰囲気はよかったですよ」と話すように、3人で報道陣の撮影準備を手伝うなど異例の舞台挨拶を進行し、和気あいあいとした雰囲気をかもし出した。

池松は、演技以外の分野でも活躍するマキタとの共演について「普通の役者さんと向かい合うより怖かった。生身なので……」と、独特の言い回しで会場の笑いを誘った。一方のマキタは「役者として関わった気がしない。すごく波長の合う青年と何日間か一緒に過ごしたという方が印象深い。池松壮亮という存在に触発されてしまったという感じがしました」と称えていた。

また、2月14日のバレンタインデーに触れ、「どんな人にチョコをもらいたい?」と質問が飛ぶと池松は、「予想外の人からもらえると嬉しいです」と回答。しかしすぐに「実はあんまりチョコは好きじゃない。うどんが欲しいです」と訂正し、「昨年実際にうどんをもらって嬉しかった」と珍エピソードを披露していた。

横道世之介[Blu-ray/ブルーレイ] 横道世之介[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 吉田修一による“青春小説の金字塔”を、沖田修一監督が高良健吾、吉高由里子ら豪華俳優陣と映画化!
半分の月がのぼる空[Blu-ray/ブルーレイ] 半分の月がのぼる空[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,518 橋本紡の同名小説「半分の月がのぼる空」を映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi