日本映画専門ch、「ある日本映画史」放送中 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月31日 > 日本映画専門ch、「ある日本映画史」放送中
メニュー

日本映画専門ch、「ある日本映画史」放送中

2015年1月31日 07:30

[映画.com ニュース]日本映画専門チャンネルと時代劇専門チャンネルは、戦後70年共同企画「ある日本映画史~長門裕之津川雅彦の場合」を1月・2月連続で放送している。今年は戦後70年の節目だが、この企画はその一環。「日本映画の父」牧野省三を祖父に、「娯楽映画の名伯楽」牧野雅弘を叔父に持つ2人の俳優、長門裕之津川雅彦のフィルモグラフィーと日本映画史を照らし合わせる。

2月11日には、日本映画専門チャンネルで「24時間まるごと『ある日本映画史~長門裕之津川雅彦の場合』」(午前7時~翌午前7時)と題して、2人の幼少期の出演作から、出世作、代表作、さらに津川雅彦本人へのロングインタビュー番組を一挙放送する。

放送ラインナップは、オリジナル番組「ある日本映画史~長門裕之津川雅彦の場合」(90分バージョン予定)と「ある日本映画史~津川雅彦、思い出の監督たちを語る」(60分予定)。このほか、「無法松の一生」「狂った果実」「太陽の墓場」「豚と軍艦」「マノン」「あげまん」など映画8作品を放送する。

さらに、2月21日午後7時から「ある日本映画史~長門裕之津川雅彦の場合」を両チャンネル同時サイマル放送する。(文化通信)

太陽の墓場[DVD] 太陽の墓場[DVD] 最安価格: ¥1,990 大島渚が助監督の石堂淑朗とオリジナル脚本を書き、前作「青春残酷物語」からわずか2ヶ月で制作した、大阪のドヤ街で生きる人間たちを描いたドラマ。
豚と軍艦 HDリマスター版[DVD] 豚と軍艦 HDリマスター版[DVD] 最安価格: ¥1,560 戦後、方向性を見失った日本人の姿を、今村昌平監督がシニカルに描いた作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi