“生涯現役”仲代達矢、自身のドキュメンタリー公開に感慨「財産ができた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月31日 > “生涯現役”仲代達矢、自身のドキュメンタリー公開に感慨「財産ができた」
メニュー

“生涯現役”仲代達矢、自身のドキュメンタリー公開に感慨「財産ができた」

2015年1月31日 15:51

名優の生きざまを映したドキュメンタリー「切腹」

名優の生きざまを映したドキュメンタリー
[拡大画像]

[映画.com ニュース]俳優・仲代達矢が1月31日、ドキュメンタリー映画「仲代達矢『役者』を生きる」が封切られた東京・渋谷ユーロスペースで舞台挨拶を行った。

2013年9月、主宰する無名塾公演「ロミオとジュリエット」で初めて脇に回ったことをきっかけに、1977年から親交のある稲塚秀孝監督がその生きざまを映像に残そうと決意。「役者は作品の中に埋もれて役を演じるもので、楽屋裏まで見せることはない」という仲代を説得し、同年の不条理劇「授業」を公演するまでに密着した。

「役者の仲代です。昨年12月13日で82歳になりました」と挨拶すると、会場からは大きな拍手。「手を叩かれてもねえ」と苦笑いを浮かべたが、「老いぼれ役者がむざむざと現役でやっております。ちょっと恥ずかしい気もしますが、1人の俳優の生きざまというか、こういう役者がいたんだということを見てもらえれば」としみじみ語った。

「授業」は、1960年に「切腹」でカンヌ映画祭に参加した際に見て衝撃を受け、今なおロングラン中の「ザ・レッスン」の翻案で、「いつかやってみたいと思っていて、やっと実現した」という念願の企画。「生来、不器用なので若い頃からセリフの覚えが速くない。苦労を見せる必要はなくて、でき上がったものが勝負だけれど、知らないうちに撮っていたからしようがない。でも、客観的に見るとこうだったのかということが分かり、ひとつの財産ができた」と稲塚監督に感謝した。

「今の演劇は面白く見せようと思いすぎて、基本の精神を忘れている」と現在の演劇界に苦言も呈しつつ、「残念なことにやりたい芝居が30くらいある」とますますどん欲。既に3年後までの予定が立っており、「前と違う作品をやりたい悪い癖がある。年を食ってんのに、しんどいことをやろうしているのだから、多少マゾなんでしょうね」と自ちょう気味に話しながら意欲をのぞかせていた。

仲代達矢『役者』を生きる」は、仲代の稽古場や自宅などでのセリフ覚えや稽古場での苦悩、40周年を迎えた無名塾での歴史などに迫る。

連続ドラマW 罪人の嘘[DVD] 連続ドラマW 罪人の嘘[DVD] 最安価格: ¥9,172 伊藤英明主演!躍進し続ける悪名高い高級弁護士の栄光と闇を描いた本格リーガルサスペンス!
大菩薩峠[DVD] 大菩薩峠[DVD] 最安価格: ¥1,963 稀代の名作『大菩薩峠』を仲代達矢、加山雄三、三船敏郎の三大スター共演で描いた、岡本喜八監督が贈る本格時代劇!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi