「スター・ウォーズ」スピンオフ第1弾に「アバウト・ア・ボーイ」脚本家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月30日 > 「スター・ウォーズ」スピンオフ第1弾に「アバウト・ア・ボーイ」脚本家
メニュー

「スター・ウォーズ」スピンオフ第1弾に「アバウト・ア・ボーイ」脚本家

2015年1月30日 12:30

実写版「シンデレラ」脚本家でもある クリス・ワイツが参加「スター・ウォーズ」

実写版「シンデレラ」脚本家でもある
クリス・ワイツが参加
Photo by John Lamparski/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー傘下のルーカス・フィルムが企画している「スター・ウォーズ」スピンオフ映画第1弾に、降板した脚本家のゲイリー・ウィッタに代わり、「アバウト・ア・ボーイ」(2002)でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたクリス・ワイツが参加することが決定した。

アバウト・ア・ボーイ」では兄ポール・ワイツと共同でメガホンをとるなど映画監督としても活躍するワイツは、4月25日に公開されるディズニーの実写版「シンデレラ」(ケネス・ブラナー監督)でも脚本を手がけている。作家の顔も持ち、昨年7月、3部作の1作目となるヤングアダルト小説「The Young World(原題)」を米国で出版した。前任のウィッタはすでに初稿を完成させており、ワイツはそのリライトを担当する。

「GODZILLA」のギャレス・エドワーズ監督が手がける本作は、現在キャスティングが進行中で、テレビドラマ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」のタチアナ・マズラニーや「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが、ヒロイン役のオーディションを受けたと報じられている。全米公開は、16年12月16日の予定。「クロニクル」のジョシュ・トランク監督がスピンオフ映画第2弾(18年公開予定)を準備しているが、いずれも内容は明らかにされていない。

シリーズ7作目「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は12月18日公開。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX〔初回生...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズ全作を収録したブルーレイBOX。
スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX〔初回...[Blu-ray/ブルーレイ] スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX〔初回...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ジョージ・ルーカスが贈る、SF映画「スター・ウォーズ」シリーズのエピソードIVからVIまでを収録したブルーレイBOX。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi