「二重生活」のロウ・イエ監督と曽我部恵一が愛についてトークを展開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月27日 > 「二重生活」のロウ・イエ監督と曽我部恵一が愛についてトークを展開
メニュー

「二重生活」のロウ・イエ監督と曽我部恵一が愛についてトークを展開

2015年1月27日 16:20

愛について語る曽我部恵一(左)とロウ・イエ監督(右)「二重生活」

愛について語る曽我部恵一(左)とロウ・イエ監督(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「二重生活」の公開記念対談イベントが1月26日、東京・渋谷のアップリンクで行われ、同作のメガホンをとったロウ・イエ監督とサニーデイ・サービスの曽我部恵一が出席した。曽我部恵一はかねてロウ監督の大ファンを公言している。

謎の死を遂げた女子大生と関係を持っていた男ヨンチャオ(チン・ハオ)が、妻ルージェ(ハオ・レイ)と愛人サンチー(チー・シー)との間を行き来する“二重生活”を送っていたことが明らかになり、3人の男女や事件を追う刑事らの意図が複雑に交錯していく。1989年の天安門事件にまつわる出来事を扱った「天安門、恋人たち」(2006)で中国当局から5年間の映画製作・上映禁止処分を受けたロウ監督にとって、禁止令が解けてから最初に手がけた作品となる。

ロウ監督の「スプリング・フィーバー」(09)に触発されて曲を作ったことがあるという曽我部は「映画、素晴らしかったです。ロウ監督の作品はいつも、自分の深いところをグッとつかんできます」と感嘆の言葉を口にした。また「一緒に映画を見た人と、登場人物の中で誰が幸せなのだろうか、と議論しました」と言うと、ロウ監督は「登場人物はみな自分を守ろうと必死になっている。そして自分を守ろうとして何かしら行動を起こすと、結果的に他人を傷つけてしまい、最終的には自らも傷つけてしまう。ですから誰も幸せではないと言えます」と説明した。

「ロウ監督の映画では愛が成就してハッピーエンドを迎えることがあまりありませんが、監督は愛に満たされていると感じることはありますか?」と曽我部が質問すると、ロウ監督は照れ笑いを浮かべながら「それはちょっと答えにくいですね(笑)」。さらに「愛の形はさまざまなので、“愛とはこういうものだ”とはっきり言えない。ヨンチャオはルージェと一緒にいるときも、サンチーと一緒にいるときも愛を感じていません。2人の家を行き来するさなかに愛を感じているのです」と語った。

また同作のエンディング曲をとても気に入ったという曽我部が、「ロウ監督の映画で使用される曲はいつもいいです」とほめると、ロウ監督は「私はアンダーグラウンドの音楽が好きでよく聞いています。私の映画もアンダーグラウンドですから(笑)」と茶目っ気たっぷりに話し、会場の笑いを誘った。

二重生活」は、現在公開中の渋谷アップリンク、新宿K'sシネマのほか、全国で順次公開。

パリ、ただよう花[DVD] パリ、ただよう花[DVD] 最安価格: ¥3,201 中国の異才ロウ・イエ監督が、リウ・ジエ原作のインターネット小説「裸」を映画化した衝撃的な愛の物語。
ふたりの人魚[DVD] ふたりの人魚[DVD] 最安価格: ¥2,426 現代の上海を舞台に、ビデオ・カメラマンの男とナイト・クラブで人魚を演じるメイメイ、運び屋のマーダーとマーダーの前から姿を消した少女ムーダンという2組のカップルの愛が、ミステリアスかつ複雑にからみ合う新感覚ラブ・ストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi