2014年映画年間興収は4年ぶり2000億突破も観客動員は微増 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月27日 > 2014年映画年間興収は4年ぶり2000億突破も観客動員は微増
メニュー

2014年映画年間興収は4年ぶり2000億突破も観客動員は微増

2015年1月27日 15:38

観客動員2億人を目標に掲げる「永遠の0」

観客動員2億人を目標に掲げる
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本映画製作者連盟(映連)の新年記者発表が1月27日、都内のホテルで行われ、2014年の年間興収が2070億3400万円、観客動員は1億6111万6000人になったことが発表された。

年間興収は史上最高興収を記録した2010年以来、4年ぶりの大台突破で、興収発表となった2000年以降では3位となる好成績。公開本数は邦画615本、洋画569本の計1184本。興収での構成比も58.3%対41.7%と、邦画優位が続いた。

邦画は山崎貴監督の「永遠の0」(87億6000万円)、「STAND BY ME ドラえもん」(共同監督八木竜一、83億8000万円)が1・2フィニッシュを決めたのをはじめ、東宝配給作品がベスト10中8本を独占。残る2本もワーナー配給の「るろうに剣心 京都大火編」(52億2000万円、3位)、「るろうに剣心 伝説の最期編」(43億5000万円、5位)と偏った傾向が見られた。

一方で洋画は、歴代3位となる興収254億8000万円を記録した「アナと雪の女王」がけん引し、前年比で2.3%盛り返した。岡田会長は、「昨年の今頃は消費税増税の話題もあり、厳しいことになると話していたが、思いのほかいい結果になった。洋画も“アナ雪”のおかげで加速し、他作品にもまだまだやれるという影響が出たと思う」と分析した。

半面、観客動員は前年比103.4%で、“消費税増税分”の微増。映連ではかねて2億人を目標に掲げており、岡田会長は「悲願にはまだまだ。なお一層の努力をしていきたい」と気を引き締めていた。

永遠の0 Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 永遠の0 Blu-ray通常版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,900 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。
STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] STAND BY ME ドラえもん【ブルーレイ豪華版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,406 山崎貴監督が贈る、累計観客動員600万人超、興収80億円突破の大ヒット・アニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi