高良健吾、主演作「悼む人」完成に感慨無量「特別な作品、参加できて幸せ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月26日 > 高良健吾、主演作「悼む人」完成に感慨無量「特別な作品、参加できて幸せ」
メニュー

高良健吾、主演作「悼む人」完成に感慨無量「特別な作品、参加できて幸せ」

2015年1月26日 18:10

天童荒太氏の小説を映画化「悼む人」

天童荒太氏の小説を映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第140回直木賞を受賞した作家・天童荒太氏の小説を映画化した「悼む人」の完成報告会見が1月26日、東京・銀座の東映本社で行われ、主演の高良健吾をはじめ共演の石田ゆり子貫地谷しほり椎名桔平大竹しのぶ堤幸彦監督が出席。平和と祈りを象徴する“折鶴”を模した舞台に登壇した。

事件や事故で他界した人々を「悼む」ため全国を放浪する青年・坂築静人が、出会う人々の死生観に影響を与えていく姿を描く。俳優生活10周年の節目に静人を演じた高良は、「この『堤組』で経験したことは、これからの現場でも試してみたいことがたくさんできた。『悼む人』は特別な作品、参加できて幸せでした」と感慨無量の様子だった。

「愛と憎しみ」「生と死」「罪と許し」をテーマに描く本作。高良は「悼む」という行為について「その人を思い出したりすることなのかなと思う」と解説し、「静人がこの世にいれば、どんな命でも愛されていて、愛していて、感謝されていたということにしてくれる。それはきっと、誰も否定できないと思います。それは希望かもしれない」と明かした。さらに、静人の旅に同行する奈義倖世を演じた石田との共演に「少女のような方で、一緒に旅をしているとはかなくて消えそう」と最敬礼で、「最後のラブシーンは、パッション」と話し会場を沸かせていた。

公開を控えての率直な感想を聞かれると、病床に伏せる静人の母・巡子を演じた大竹は「こういう時だからこそ、命に真剣に向き合いたい。特に若い人にたくさん見てもらいたい」。静人を偽善者と決めつける週刊誌記者役の椎名は「愛が詰まった映画。そして(公開日の)2月14日はバレンタインデー。女性の皆さんには、チョコレートとこの映画のチケットを添えて、好きな人と見てほしい」とおどけながらもアピールを忘れない。堤監督は、意外にも「まだ見てほしくない」そうで、理由を「作っても作っても、作り切れていない感じがある。いつもの3倍、4倍時間をかけて編集したんですが、チャンスがあればもう1度編集したい。違ったアングルでもう1本撮れるくらい、それくらいハマり込んだ作品」と熱っぽく語っていた。

また、キャスト陣は折鶴をその場で作成し、本作のヒットを祈願した。映画「悼む人」は、2月14日から全国で公開。

武士の献立[Blu-ray/ブルーレイ] 武士の献立[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,719 『釣りバカ日誌』シリーズの朝原雄三が監督を務め、江戸時代に包丁侍として料理の腕を振るった武家に嫁いだ主人公の紆余(うよ)曲折を描く人間ドラマ。
潔く柔く[DVD] 潔く柔く[DVD] 最安価格: ¥3,772 漫画雑誌「Cookie」にて連載され、人気を博したいくえみ綾のコミックを実写化したラブロマンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi