未来穂香、大量の虫と格闘した過酷な現場を明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月24日 > 未来穂香、大量の虫と格闘した過酷な現場を明かす
メニュー

未来穂香、大量の虫と格闘した過酷な現場を明かす

2015年1月24日 21:00

女優魂を見せた未来穂香「クレヴァニ、愛のトンネル」

女優魂を見せた未来穂香
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 若手女優の未来穂香が主演した「クレヴァニ、愛のトンネル」のプレミア試写会が1月24日、東京・アキバシアターで行われ、未来と共演の小山田将今関あきよし監督が舞台挨拶に立った。

映画の舞台となったのは、ウクライナ西部リウネ州の田舎町クレバニ村にある、緑に包まれたトンネル。貨物列車が1日1往復するだけの幻想的な美しい場所で、そこでキスをした恋人たちは永遠に結ばれるという言い伝えから、近年観光スポットとしても人気を集めている。しかし撮影を行った夏には大量の虫が発生していたそうで、地面に顔をつけて寝転がるシーンを撮影した未来は「ウクライナの観光も全くせず、着いたらすぐ着替えて、すぐ血のり。思い出ですね」と苦笑い。小山田も「『うわ、きついな……』と言うのが率直な感想です」と未来の女優魂に最敬礼だった。

現場周辺にはレストランなどの設備が乏しく、撮影中の食事は「たき火でバーベキュー」をしていたという。さらに、撮影当時「自立したい」という欲求が強かった未来は、「ひとりになりたくて。マネージャーさんの目を盗んで、ホテルの目の前にあるスーパーへ行ったりしていました。どうやったらマネージャーにバレずに行けるかと(笑)」と語っていた。

また、今作で象徴的に使われているミリカメラには、今関監督の並々ならぬ思いが込められているようで、小山田が「8ミリカメラが共演者のひとりみたいだった」と話すほど。本編で8ミリフィルムをかけるシーンに映り込む手は、今関監督自身のものだと明かし、「8ミリやった人じゃないと、あんなに優雅にできません」と断言し、会場の笑いを誘った。

20年前、高校教師の圭は、女子生徒の一葉(ひとは)と許されない恋に落ちる。しかし、親や世間の目を振り切りドライブに出かけた2人は事故に見舞われ、一葉は昏睡状態から目覚めることはなかった。20年経っても一葉を忘れられない圭は、「失った人に会える」と言われるウクライナ・クレバニ村の緑のトンネルに向かい、そこで20年前の姿の一葉と出会う。しかし、一緒にいられるのはトンネルにいる時だけで、やがて圭も一葉と同じ世界に行きたいと願うようになる。「クレヴァニ、愛のトンネル」は2月21日から、東京・新宿K's cinemaで公開。

思春期ごっこ[Blu-ray/ブルーレイ] 思春期ごっこ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 高校進学を控えた中学3年生の少女たちの、繊細で多感な思春期の日々を描く青春ムービー。
僕らはみんな死んでいる Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 僕らはみんな死んでいる Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥19,796 話題の個性派コミックを実写ドラマ化した本作は、原作のストーリーを軸としながらも、ドラマ・オリジナルのエピソードを数々展開する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi