「マイノリティ・リポート」ドラマ化は映画の10年後が舞台 パイロット版制作にゴーサイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月22日 > 「マイノリティ・リポート」ドラマ化は映画の10年後が舞台 パイロット版制作にゴーサイン
メニュー

「マイノリティ・リポート」ドラマ化は映画の10年後が舞台 パイロット版制作にゴーサイン

2015年1月22日 13:05

映画「マイノリティ・リポート」の一場面「マイノリティ・リポート」

映画「マイノリティ・リポート」の一場面
写真:Moviestore Collection/AFLO
[拡大画像]

[映画.com ニュース] トム・クルーズ主演、スティーブン・スピルバーグ監督で2002年に映画化されている「マイノリティ・リポート」が、テレビドラマ化に向け一歩前進したとハリウッド・レポーター紙が報じた。

「GODZILLA」のマックス・ボレンスタインが執筆したパイロット版の脚本に満足した20世紀フォックスは、パイロット版の制作にゴーサインを出した。スピルバーグ監督のアンブリン・テレビジョンが、パラマウント・テレビジョン、20世紀フォックステレビジョンが合同で制作。「ザ・ホワイトハウス」のケビン・フォールズがショーランナーとして番組を指揮し、スピルバーグ監督も製作総指揮を務めることになる。

マイノリティ・リポート」は、フィリップ・K・ディックの短編小説をスピルバーグ監督が映画化した02年の作品で、未来に起こる凶悪犯罪を事前に察知し、犯人を逮捕することが可能になった世界を舞台にしたSFサスペンス。現在準備中のドラマ版は、映画版の10年後が舞台で、かつて犯罪予防局で働いていた3人の予知能力者のひとりが、女性刑事とタッグを組むことになる設定だという。

パイロット版の出来栄え次第では、そのままレギュラー放送が行われることになる。

マイノリティ・リポート[Blu-ray/ブルーレイ] マイノリティ・リポート[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 フィリップ・K・ディックの原作を、スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演で映画化。撮影はスピルバーグ作品常連のヤヌス・カミンスキー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi