杏、葛飾北斎の娘・お栄に 原恵一監督「百日紅 Miss HOKUSAI」で長編アニメ声優に初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月20日 > 杏、葛飾北斎の娘・お栄に 原恵一監督「百日紅 Miss HOKUSAI」で長編アニメ声優に初挑戦
メニュー

杏、葛飾北斎の娘・お栄に 原恵一監督「百日紅 Miss HOKUSAI」で長編アニメ声優に初挑戦

2015年1月20日 08:00

アニメ「百日紅」で声優を務めることが決まった杏「百日紅 Miss HOKUSAI」

アニメ「百日紅」で声優を務めることが決まった杏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 江戸風俗研究家で文筆家、漫画家の故杉浦日向子氏による漫画「百日紅(さるすべり)」を原作とする原恵一監督の最新作のタイトルが、「百日紅 Miss HOKUSAI」に決定し、5月に全国公開されることが決まった。また、あわせて女優のが主演声優を務めることが明らかになった。

葛飾北斎の娘で浮世絵師のお栄を主人公に、父・北斎や妹、仲間たちとともに自由闊達(かったつ)に生きる姿を、色鮮やかな江戸の四季を通して描く長編劇場アニメーション。杉浦氏の作品がアニメ化されるのは今回が初めてで、「河童のクゥと夏休み」「カラフル」などで世界でも高い評価を受け、かねて杉浦作品のファンだった原監督が満を持して映画化する。「攻殻機動隊」「PSYCHO-PASS サイコパス」といったSF作品で知られる一方、「ももへの手紙」「ジョバンニの島」といったドラマ作品も数多く手がけるProduction I.Gが原監督と初タッグを組み、アニメーション制作にあたる。

お栄の声を担当し、長編アニメーションの声優に初挑戦するは、「声のお仕事に興味があり、いつか挑戦してみたいと思っていたところ、主演、それも昔からファンだった杉浦日向子さんの作品ということで大変驚きました」とコメントを発表。自身が演じるお栄を「絵の天才的な能力が備わった、一風変わった女性。遠近法や影の描写など、西洋の画風も積極的に取り込んだり、晩年は行方知れずだったり、ミステリアスで興味深い女性です」と評し、作品については「様々な要素が盛り込まれた、杉浦日向子の世界がそのまま映像化されます。軽妙洒脱(しゃだつ)な会話のやり取りも楽しみです」と話している。

が出演したテレビドラマ「キルトの家」を見て以来、役者としてのを意識するようになったという原監督は、絵コンテ作業のタイミングからお栄役にを想定していたという。「自然な演技が印象的な方だなと思っていました。一方で、バラエティ番組で豪快な負けっぷりをされている姿を拝見し、落ち着いてどっしりとしていらっしゃるが、少し風変わりでおもしろい女性だなと思いました。また歴史好きというところから、杉浦さんがお好きなのではと思い、今回のオファーに至りました」と起用理由を説明している。

河童のクゥと夏休み ぬいぐるみ同梱版[DVD] 河童のクゥと夏休み ぬいぐるみ同梱版[DVD] 最安価格: ¥4,158 家族の絆、友情、自然など、いま大切なことを情感豊かに描き出す感動アニメ『河童のクゥと夏休み』がDVDで登場!
ももへの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] ももへの手紙[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 豊かな自然と優しい人々が生きる瀬戸内の小さな島を舞台に、少女に訪れる不思議な日々を描いた家族の愛の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi