三上博史、青山真治監督との13年ぶりタッグにニッコリ「いつもプロポーズしていた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月19日 > 三上博史、青山真治監督との13年ぶりタッグにニッコリ「いつもプロポーズしていた」
メニュー

三上博史、青山真治監督との13年ぶりタッグにニッコリ「いつもプロポーズしていた」

2015年1月19日 21:10

舞台挨拶に立った(左から) 青山真治監督、三上博史、とよた真帆「月の砂漠」

舞台挨拶に立った(左から)
青山真治監督、三上博史、とよた真帆
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三上博史主演の連続ドラマW「贖罪の奏鳴曲」の完成披露試写会が1月19日、都内で行われ、三上をはじめ共演のとよた真帆、青山真治監督が舞台挨拶に出席した。

中山七里氏による法廷ミステリー小説を、「EUREKA ユリイカ」の青山監督がWOWOWでドラマ化。カンヌ映画祭に出品された「月の砂漠」以来、約13年ぶりに三上と青山監督がタッグを組み、染谷将太リリー・フランキーら実力派俳優が脇を固める。

不敗の弁護士・御子柴礼司に扮した三上は、青山監督との久々のタッグに「あれ(『月の砂漠』)からずっとずっとご一緒したかった。いつもプロポーズはしていたんですが、完全無視で。今回、やっとこういう形でご一緒できた」とニッコリ。これを受け、青山監督も「何をやりたいかがわかっているので、とてもツーカーな感じで進んでいく」と抜群の相性を明かしていた。

さらに三上は「ものすごく、役者をやらせてもらえて幸せ」と大満足の様子。「カチンコが鳴った瞬間に何かが沸き上がってこなければ、もう役者は終わりだろうと思っている」と持論を展開したうえで、「今回はドバドバとあふれ出てきた。これはまだ俺、やらせてもらえる。これがあるうちは本当に幸せで、役者をやらせていただきたいと思い続けている」とほとばしる役者魂を告白した。

また、とよたと青山監督は2002年に結婚し、今年で夫婦生活15年目。ドラマのタイトルにちなみ、「妻・とよたに贖罪したいことは?」と聞かれると、青山監督は「2011年に完成した『東京公園』の前、4年間仕事が全部流れていた。飯食えない、収入がほぼない状態。いろいろやってしのいではいたんですが、その間本当に迷惑をかけました」と謝意。一方のとよたは、「芸術家を支えるということは、そういうことでございます」と話し、客席のため息を誘った。

弁護士・御子柴礼司(三上)は、保険金殺人容疑をかけられた町工場の経営者の妻・東條美津子(とよた)の弁護を担当する。自宅に車いす生活の息子(染谷)を残す東條が無罪を主張するなか、担当刑事(リリー)は、御子柴がある殺人事件を起こしたという過去にたどりつく。1月24日から毎週土曜午後10時放送(第1話は無料放送)。

連続ドラマW 震える牛[DVD] 連続ドラマW 震える牛[DVD] 最安価格: ¥9,523 食品偽装、狂牛病、大企業の隠蔽をテーマに圧倒的なリアリティで迫る衝撃の社会派サスペンス!
共喰い[Blu-ray/ブルーレイ] 共喰い[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 小説家・田中慎弥による人間の暴力と性を描いた芥川賞受賞作を、『サッド ヴァケイション』『東京公園』などの青山真治が映画化した人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi