ゴダール「勝手にしやがれ」銀座で無料上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月17日 > ゴダール「勝手にしやがれ」銀座で無料上映
メニュー

ゴダール「勝手にしやがれ」銀座で無料上映

2015年1月17日 05:00

「勝手にしやがれ」の一場面「さらば、愛の言葉よ」

「勝手にしやがれ」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャン=リュック・ゴダール監督最新作「さらば、愛の言葉よ」の公開を記念し、同監督初の長編「勝手にしやがれ」の特別上映が1月19日午後7時からシネスイッチ銀座で行われる。入場無料だが、応募は既に終了している。ゲストはよしひろまさみち(映画ライター)、川端寿子(マガジンハウス「anan」編集部)。

さらば、愛の言葉よ」は、ゴダールが初めて3Dで長編を描いた野心作。カンヌ映画祭では審査員特別賞のほか、出演する愛犬にパルムドッグ審査員特別賞が授与された。31日からシネスイッチ銀座ほか3D/2Dで全国公開。配給はコムストック・グループ、配給協力はクロックワークス。(文化通信)

勝手にしやがれ[Blu-ray/ブルーレイ] 勝手にしやがれ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,620 ヌーヴェル・ヴァーグの雄ジャン=リュック・ゴダール監督が贈る、奔放に生きる若者たちの姿を描いた傑作青春映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi