ブルース・ウィリス、エルモア・レナード「バンディッツ」映画化に再挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月16日 > ブルース・ウィリス、エルモア・レナード「バンディッツ」映画化に再挑戦
メニュー

ブルース・ウィリス、エルモア・レナード「バンディッツ」映画化に再挑戦

2015年1月16日 14:00

ブルース・ウィリスは元詐欺師役で主演「バンディッツ」

ブルース・ウィリスは元詐欺師役で主演
Photo by Theo Wargo/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優ブルース・ウィリスが、「ジャッキー・ブラウン」「ゲット・ショーティ」の原作者として知られるエルモア・レナードの小説「バンディッツ」の映画化に再挑戦することがわかった。

1987年に原作が出版された当初、ウィリスが映画化権を手に入れたものの、実現にこぎつける前に期限が切れてしまった。その後、クエンティン・タランティーノ監督がその他3作品と一緒に権利を獲得したが、映画化されたのは「ラム・パンチ」をもとにした「ジャッキー・ブラウン」だけにとどまった。そしてこのほど、ウィリスが「バンディッツ」の映画化権を再び手に入れ、主演だけでなくプロデュースも兼ねるという。

米ニューオーリンズを舞台に、数百万ドルの大金がニカラグアの反政府ゲリラの手に渡ろうとしていることを知った元修道女、元警官、元詐欺師の3人が、その大金に目をつけるという内容。米Deadlineによれば、ウィリスが演じるのは元詐欺師ジャックで、兄が経営する葬儀場で働いているが、仕事にうんざりしているという役どころのようだ。

ウィリスが出演した新作コメディ映画「Rock the Kasbah(原題)」(11月13日全米公開)のミッチ・グレイザー監督が脚色を担当。ランドール・エメットジョージ・ファーラらがプロデュースを手がけ、原作者の息子ピーター・レナードと孫のティム・レナードが製作総指揮として携わる。監督は未定だ。

ちなみに、ウィリスが主演した2001年の同名映画は、ハーレイ・ペイトンのオリジナル脚本で、バリー・レビンソン監督がメガホンをとった。

ウィリスの出演作「シン・シティ 復讐の女神」(3D/2D)は、1月10日から東京・TOHOシネマズスカラ座ほか全国で公開。

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ジャッキー・ブラウン[DVD] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ジャッキー・ブラウン[DVD] 最安価格: - 武器密売人の金を運ぶバイトをしているスチュワーデスが、金を横取りしようと企む姿をハイテンポに描いた痛快サスペンス。
ゲット・ショーティ[Blu-ray/ブルーレイ] ゲット・ショーティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥991 ジョン・トラボルタ、ジーン・ハックマン、レネ・ルッソなど超豪華スター競演によるハリウッドコメディ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi