米製作者組合賞ノミネート発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月7日 > 米製作者組合賞ノミネート発表
メニュー

米製作者組合賞ノミネート発表

2015年1月7日 13:20

「ゴーン・ガール」の一場面「それでも夜は明ける」

「ゴーン・ガール」の一場面
(C)2014 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アカデミー賞作品賞の行方を占う最重要の前しょう戦と言われる、第26回アメリカ製作者組合(PGA)賞のノミネート作品が1月5日(現地時間)発表された。

昨年は、PGA賞史上初めて2作品「ゼロ・グラビティ」と「それでも夜は明ける」が同時受賞し、「それでも夜は明ける」がアカデミー賞作品賞を受賞した。過去の例を見ると、PGA賞ノミネート作品はアカデミー賞にも順当にノミネートされる傾向があり、25本の歴代PGA受賞作のうち18本がアカデミー賞に輝いている。

PGA賞授賞式は、1月24日に米ロサンゼルスのハイアット・リージェンシー・センチュリープラザで開催され、以下の10本から選ばれた作品にダリル・F・ザナック賞(プロデューサー・オブ・ザ・イヤー)が贈られる。

第26回PGA賞ノミネート作品は以下の通り(原題のアルファベット順)。

▽映画部門
アメリカン・スナイパー
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
6才のボクが、大人になるまで。
フォックスキャッチャー
ゴーン・ガール
グランド・ブダペスト・ホテル
イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密
「ナイトクローラー(原題)」
博士と彼女のセオリー
「ウィップラッシュ(原題)」

▽アニメーション映画部門
ベイマックス
「The Book of Life」
The Boxtrolls
「ヒックとドラゴン2(仮題)」
LEGO(R) ムービー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi