ブノワ・ジャコー監督、次回作でジェラール・ドパルデューと初タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月5日 > ブノワ・ジャコー監督、次回作でジェラール・ドパルデューと初タッグ
メニュー

ブノワ・ジャコー監督、次回作でジェラール・ドパルデューと初タッグ

2015年1月5日 22:45

B・ジャコー監督×G・ドパルデュー念願の初タッグ「マリー・アントワネットに別れをつげて」

B・ジャコー監督×G・ドパルデュー念願の初タッグ
Photo by Dominique Charriau/WireImage
Photo by Didier Baverel/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 仏監督ブノワ・ジャコー(「マリー・アントワネットに別れをつげて」)が、仏出身で現在はロシア国籍を有する名優ジェラール・ドパルデューと、次回作「Bain de minuit(原題)」で初タッグを組むことがわかった。

米作家ジョージ・ハーラーが2013年1月に出版した小説「Reunion at Red Paint Bay」の映画化で、ベテラン脚本家のジル・トーランが脚色を手がける。原作は、米メイン州の小さな町レッド・ペイントで新聞社の編集者として働く家庭的な男のもとに、謎の人物から脅迫状が送りつけられ、その男が隠していた過去がに徐々に明らかになるにつれ、幸せな暮らしがほころび始めるというミステリー。共演者には、「友よ、さらばと言おう」の俳優バンサン・ランドンと、「愛して飲んで歌って」の女優サンドリーヌ・キベルランというフランスを代表する顔ぶれがそろう。

40年以上のキャリアを誇るジャコー監督は、ドパルデューとの関係について「ジェラールと私は、同世代でずっと友人なんです。一度、一緒に映画を作ろうとしていたのですが、当時アルジェリア独立戦争が激化していたため、政治的な理由でプロジェクトが頓挫してしまいました。ですが、ふたりとも常々、一緒に仕事をしたいと思っていたんです」と、米バラエティに語っている。

また、ジャコー監督は、米作家ドン・デリーロの小説「ボディ・アーティスト」の映画化「Son Corps(The Body Artist)」を、当初メガホンをとる予定だったルカ・グァダニーノ(「ミラノ、愛に生きる」)に代わり監督することになったことも明かした。同作ではイザベル・ユペールドニ・ラバンシガニー・ウィーバーらが共演する予定だったが、キャスティングの変更を現在行っており、主演には20代の無名の女優、男性のメインキャラクターには新鋭の米俳優を起用するという。

「3 coeurs(Three Hearts)」をマケラシュ国際映画祭でお披露目したジャコー監督は現在、レア・セドゥーを主演に迎え、仏作家オクターブ・ミルボーの小説「小間使の日記」を映画化した「Journal d'une femme de chambre(原題)」の編集を進めている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi