フェリシティ・ジョーンズ、「インフェルノ」でトム・ハンクスの相棒に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月4日 > フェリシティ・ジョーンズ、「インフェルノ」でトム・ハンクスの相棒に?
メニュー

フェリシティ・ジョーンズ、「インフェルノ」でトム・ハンクスの相棒に?

2015年1月4日 14:00

ラングドン教授を助ける美人医師で出演か「インフェルノ」

ラングドン教授を助ける美人医師で出演か
Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 進境著しい英女優フェリシティ・ジョーンズが、トム・ハンクス主演で小説ロバート・ラングドン・シリーズを映画化する「インフェルノ」で、主人公の相棒となるヒロイン役を検討していることがわかった。

ダン・ブラウン原作の「インフェルノ」は、ダンテの叙事詩「神曲」地獄篇をめぐるミステリー。物語は、宗教象徴学の権威ロバート・ラングドン教授が記憶を喪失した状態で、伊フィレンツェの病院で目を覚ます場面から幕を開ける。ジョーンズが交渉を進めているのは女性医師のシエナ・ブルックス役で、命を狙われているラングドンを病院から脱出させ、ともにボッティチェリの「地獄の見取り図」に隠された暗号に迫るキャラクターだ。

ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続き、ロン・ハワード監督がメガホンをとり、ハンクスが主人公のラングドン演じる。脚本は、「天使と悪魔」のデビッド・コープ。2016年10月14日の全米公開を目指し、15年4月にクランクインする予定だ。なお、「インフェルノ」は原作ではシリーズ第4弾にあたり、第3弾「ロスト・シンボル」の映画化に関してはまだ具体的な動きはない。

ジョーンズは、“車いすの物理学者”として知られるスティーブン・ホーキング博士の半生を描いた映画「博士と彼女のセオリー」(3月公開)でゴールデングローブ賞の主演女優賞(ドラマ部門)にノミネート。最近も、「ビトレイヤー」で脚光を浴びた俊英エラン・クリービー監督の「Autobahn(原題)」や、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」で知られるスペインのフアン・アントニオ・バヨナ監督のダークファンタジー「A Monster Calls(原題)」など、気鋭の監督の新作に出演している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi