ウォルト・ディズニーの失われたフィルムがノルウェーで発見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年1月1日 > ウォルト・ディズニーの失われたフィルムがノルウェーで発見
メニュー

ウォルト・ディズニーの失われたフィルムがノルウェーで発見

2015年1月1日 20:30

オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットとウォルター・ランツ「アナと雪の女王」

オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットとウォルター・ランツ
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故ウォルト・ディズニーが1927年に製作した初のクリスマス映画「Empty Socks(原題)」のフィルムは長らく失われたとされていたが、このほど同作のコピーがノルウェーの国立図書館で発見された。

見つかったのは、ウォルトとアブ・アイワークスが生み出したウサギのキャラクター「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」を主人公とした短編アニメ―ション。ノルウェー中部のモー・イ・ラーナという町にある国立図書館の施設で所蔵品の確認を行っていたところ、ラベルがきちんとついていない状態のフィルム2巻が出てきたという。

国立図書館は、発見したフィルムをデジタル化し、米ウォルト・ディズニー・カンパニーにコピーを送付。同社のアニメーター、デビッド・ガースタインが確認したところ、5分30秒ある全編のうち、30秒~60秒の部分が欠けていることが判明した。

このフィルムはもともと個人が所有しており、一時期はノルウェー・フィルム・インスティテュートのコレクションとなっていたが、後に国立図書館のアーカイブに加わった。発見される以前は、米ニューヨーク近代美術館(MoMA)が所蔵する25秒のフィルムのコピーが、現存するすべてだと考えられていた。

「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」シリーズは、ユニバーサル・ピクチャーズのもとでウォルトとアイワークスがスタートさせ、その後、ジョージ・ウィンクラーと、「ウッディー・ウッドペッカー」シリーズを生み出すウォルター・ランツに引き継がれ、全26作が制作された。そしてオズワルドのプロジェクトを離れたウォルトたちが生み出したのが、ミッキーマウスだ。オズワルドの諸権利は06年にユニバーサルからディズニーに返還されており、同キャラクターは「アナと雪の女王」と同時上映された「ミッキーのミニー救出大作戦」に登場している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi