EW誌が選ぶ2014年のベスト映画10本 首位はインディペンデント映画 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月30日 > EW誌が選ぶ2014年のベスト映画10本 首位はインディペンデント映画
メニュー

EW誌が選ぶ2014年のベスト映画10本 首位はインディペンデント映画

2014年12月30日 17:00

「ウィップラッシュ(原題)」の一場面「6才のボクが、大人になるまで。」

「ウィップラッシュ(原題)」の一場面
(C)2013 WHIPLASH, LLC All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]エンターテインメント・ウィークリー誌が、2014年のベスト映画10作品を発表した。

現在賞レースで激しい争いを繰り広げている「6才のボクが、大人になるまで。」と「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を差し置いて、1位にインディペンデント映画「ウィップラッシュ(原題)」を選出した。

サンダンス映画祭で観客賞を受賞した同作は、名門音楽院を舞台にスパルタの音楽教師(J・K・シモンズ)と天才学生(マイルズ・テラー)との対立を描く音楽映画。トップ10のなかに「Life Itself」と「ホドロフスキーのDUNE」というドキュメンタリー映画2本がエントリーしている。

ベスト映画10作品は以下の通り。
「ウィップラッシュ(原題)」
6才のボクが、大人になるまで。
「グランド・ブタベスト・ホテル」
「Life Itself」
「Selma」
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
ゴーン・ガール
スノーピアサー
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
ホドロフスキーのDUNE

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi