「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2014年の映画ベスト10 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月29日 > 「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2014年の映画ベスト10
メニュー

「ローリング・ストーン」誌が選ぶ2014年の映画ベスト10

2014年12月29日 23:00

「6才のボクが、大人になるまで。」の一場面「6才のボクが、大人になるまで。」

「6才のボクが、大人になるまで。」の一場面
(C)2014 boyhood inc./ifc productions i, L.L.c.
aLL rights reserved.
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] 米ローリング・ストーン誌の映画評論家ピーター・トラバースが、2014年の映画ベスト10を発表した。

例年、上位に選んだ作品がアカデミー賞作品賞を受賞することの多いトラバースが今年のナンバーワン映画にあげたのは、リチャード・リンクレイター監督の「6才のボクが、大人になるまで。」(公開中)。主人公メイソンの6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を12年かけて撮影したドラマで、メイソン役を演じるエラー・コルトレーンをはじめ、母親役のパトリシア・アークエット、父親役のイーサン・ホーク、姉役のローレライ・リンクレイターの4人が同じ役を演じ続けて完成した。

ベスト10は以下の通り。

1.「6才のボクが、大人になるまで。」(リチャード・リンクレイター監督)
2.「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)
3.「フォックスキャッチャー」(ベネット・ミラー監督)
4.「Selma(原題)」(エバ・デュバーネイ監督)
5.「ゴーン・ガール」(デビッド・フィンチャー監督)
6.「ウィップラッシュ(原題)」(デイミアン・チャゼル監督)
7.「グランド・ブダペスト・ホテル」(ウェス・アンダーソン監督)
8.「Unbroken(原題)」(アンジェリーナ・ジョリー監督)
9.「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(ジョナサン・グレイザー監督)
10.「インターステラー」(クリストファー・ノーラン監督)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi