ディズニーが「ベイマックス」のために画期的CGソフトを開発!その実力は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月23日 > ディズニーが「ベイマックス」のために画期的CGソフトを開発!その実力は?
メニュー

ディズニーが「ベイマックス」のために画期的CGソフトを開発!その実力は?

2014年12月23日 11:00

(左から)ネイサン・カーティス、マイケル・カショーク、 カイル・オダーマット「ベイマックス」

(左から)ネイサン・カーティス、マイケル・カショーク、
カイル・オダーマット
撮影:Kaori Suzuki
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 全米に続き、日本でも大ヒットスタートを切ったディズニー・アニメーション最新作「ベイマックス」は、兄を亡くした孤独な少年とケア・ロボットの交流を描くハートウォーミングな物語であるとともに、亡兄の死に隠された陰謀を暴く冒険アクションとしても存分に楽しめる。手に汗握るスリリングな展開を支えるのが、本作のために新たに開発されたレンダリング用ソフト「ハイペリオン」だ。その実力を、ロサンゼルスにあるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオで取材した。(取材・文/内田涼)

レンダリングとは3次元物体の形状や質感といった情報データを、コンピュータ上で処理し、画像(映像)化すること。米映画業界ではピクサー・アニメーション・スタジオが開発した「レンダーマン」が広く知られており、同スタジオの作品はもちろん、数多くの実写大作、また「アナと雪の女王」にも使用されている。

一方、ディズニー・スタジオが約2年をかけて開発したハイペリオンの画期的な点は「反射する素材によって異なる光の反射を正確にシミュレーションできるようになったこと」と語るのはビジュアル・エフェクト・スーパーバイザーのカイル・オダーマット。より現実世界に近い映像処理を行うことで、まるで実写のカメラのレンズを通したようなCG映像をスクリーンに広げることが可能になった。

ベイマックス」で最もその効果が表れたのが、物語の鍵を握るマイクロボット。主人公の天才少年ヒロが開発した指ほどのサイズの小型ロボットで、神経トランスミッターを通して集合体となり、瞬時に思いのままの形状に変化する画期的な発明だ。兄が巻き込まれた爆発事故で消滅したかに思えたが、何者かの手に渡り、悪用されてしまう。

シーンによって、ひとつのショットに1000万から最大3500万ものマイクロボットが登場するという。電磁気力によって、付いたり離れたりしながら、あらゆる物に変身する“彼ら”の姿は機械的な正確さと生き物のようなキャラクター性を兼ね備え、作品に色合いを加えている。当然、金属製なので光の反射も重要な要素であり、ハイペリオンの本領が発揮される。

ハイペリオンの開発にかかわり、マイクロボットを生み出したマイケル・カショーク(ヘッド・オブ・エフェクツ)とネイサン・カーティス(エフェクツ・プロダクション・スーパーバイザー)は、「マイクロボットの誕生こそ、これまで我々がディズニー作品でかかわった最も困難でエキサイティングな仕事だった」と口をそろえた。

「参考にしたのはアリの集団行動。アリは橋を作って、ほかの仲間たちを前に進めたりするんだ。マイクロボットにも相互に協調性をもって見えるような演出を施した。動きはあくまで機械的にね」(カショーク)、「ハイペリオンの利点? 言葉で説明するのは難しいけど、しいて言えば『無限に幾何学的なイメージを処理できる』ということ。言葉ではピンとこないかもしれないけど、映像を見れば一目瞭然だからぜひ劇場に足を運んで、その目で確かめてほしいね」(カーティス)。

本作の製作を通して、ハイペリオンの改善すべき点も明らかになったそうで、今後もバージョンアップを続けていく。そんなディズニー・アニメーションの技術革新は、ピクサー・アニメーション・スタジオ、さらに2012年に傘下となったルーカスフィルムという巨大スタジオ間での相互共有も進んでおり、今後も新たな傑作を生み出す強力な原動力となるはずだ。

ベイマックス」は公開中。

アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] アナと雪の女王 MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,163 姉と王国を救うため旅に出た妹の冒険と“真実の愛”を描く感動の長編アニメーション。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi