テレンス・マリック新作、ベルリン国際映画祭コンペ部門に出品決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月22日 > テレンス・マリック新作、ベルリン国際映画祭コンペ部門に出品決定
メニュー

テレンス・マリック新作、ベルリン国際映画祭コンペ部門に出品決定

2014年12月22日 13:35

巨匠の新作「Knight of Cups」がコンペ部門に「シンデレラ」

巨匠の新作「Knight of Cups」がコンペ部門に
ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠テレンス・マリック監督の最新作「Knight of Cups(原題)」が、2015年2月に開催される第65回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品されることが決定した。

1999年の「シン・レッド・ライン」で、同映画祭の最高賞である金熊賞を受賞したマリック監督の新作は、クリスチャン・ベールケイト・ブランシェットナタリー・ポートマンとオスカー俳優が豪華共演。今年のカンヌ映画祭のコンペ部門に出品すると見られていたが、完成が遅れたためエントリーが見送られていた。ベルリン国際映画祭での上映が、ワールドプレミアとなる。

同作を含め、このほどコンペティション部門への出品が決定したのは6作品。英国の新鋭アンドリュー・ヘイ監督がシャーロット・ランプリングトム・コートネイを迎えた「45 Years」、02年の「Halbe Treppe (Grill Point) 」で同映画祭の審査員グランプリ・銀熊賞を受賞した独アンドレアス・ドレセン監督の新作「Als wir traumten (As We Were Dreaming)」のほか、英ピーター・グリーナウェイ監督の「Eisenstein in Guanajuato」、露アレクセイ・ゲルマン監督の「Pod electricheskimi oblakami (Under Electric Clouds)」が選出された。グアテマラの新人ハイロ・ブスタマンテ監督の長編デビュー作「Ixcanul (Ixcanul Volcano)」が、同国初のコンペ入りを果している。

また、ケネス・ブラナーがメガホンをとったディズニーの実写版「シンデレラ」がアウト・オブ・コンペティション作品として出品され、世界初披露されることも決定。同作は、新星リリー・ジェームズがシンデレラ役に抜てきされており、人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン、ブランシェット、ヘレナ・ボナム・カーターらが共演する。日本では4月25日に公開される。

第65回ベルリン国際映画祭は、2月5~15日に開催。コンペティション部門の審査員長には、「ブラック・スワン」「ノア 約束の舟」のダーレン・アロノフスキー監督が就任する。

天国の日々[DVD] 天国の日々[DVD] 最安価格: ¥991 一人の同じ女性を愛してしまった二人の男たちの苦悩と葛藤を描いた、テレンス・マリック監督による不朽の名作ドラマ。
ツリー・オブ・ライフ[Blu-ray/ブルーレイ] ツリー・オブ・ライフ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 圧倒的な力強さと独創性にあふれた問題作として全世界で話題となり、第64回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)に輝いた、孤高の映像作家テレンス・マリックの最高傑作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi