西川美和監督、A・ズビャギンツェフ監督は「好みのど真ん中」 自身の新作にも言及 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月21日 > 西川美和監督、A・ズビャギンツェフ監督は「好みのど真ん中」 自身の新作にも言及
メニュー

西川美和監督、A・ズビャギンツェフ監督は「好みのど真ん中」 自身の新作にも言及

2014年12月21日 10:00

自らの新作についても語った西川美和監督「エレナの惑い」

自らの新作についても語った西川美和監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ゆれる」、「夢売るふたり」などの西川美和監督が12月20日、ロシア映画「エレナの惑い」、「ヴェラの祈り」が封切られた東京・渋谷のユーロスペースでトークショーを行った。

両作は、2003年の長編デビュー作「父、帰る」でベネチア国際映画祭の金獅子賞(グランプリ)を受賞したアンドレイ・ズビャギンツェフ監督第2、3作。西川監督は、「ゆれる」の撮影前に「父、帰る」を見る機会があり、「もう、やられたなという感じ。撮り方が非常にストイックで、多くを語らずしてキレがある。寓話的でもあり、好みのど真ん中だった。もう(『ゆれる』を)撮らなくていいかも、と思うくらい衝撃を受けた」という。

それ以降、注目していたが、07年「ヴェラの祈り」、11年「エレナの惑い」とも日本公開。それでも、「ヴェラの祈り」については「ファーストカットにたまげた。映画が始まるという重厚感、期待感で進んでいく。時間の流れも大陸的で威風堂々として、解明されない謎が多いのに、その分からなさが不愉快ではない」と感服した様子。「エレナの惑い」には、「グッと現代的になったが、時代性を極限まで排除しているとても見やすい映画。非常にぜいたくな絵作り」と絶賛した。

そして、「夢売るふたり」以来となる自身の新作を準備していることも言及。詳細な内容は伏せたが、「来年4月にクランクインできるかな。時間をかけて撮ろうと思っているので、少しずつブロックに分けて、来年のこの時期にクランクアップしているくらい」とした。

ヴェラの祈り」は、妻ヴェラの告白によって家族が暗たんたる悲劇に巻き込まれていく叙事詩で、コンスタンチン・ラブロネンコがカンヌ映画祭で最優秀男優賞を受賞。「エレナの惑い」は、死期を悟った夫と再婚した元看護士の妻のゆがんだ愛の軌跡を描き、同映画祭「ある視点」部門の審査員特別賞を受賞している。

夢売るふたり[Blu-ray/ブルーレイ] 夢売るふたり[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,010 心と性を揺さぶる衝撃のラブストーリー!騙し騙される夫婦で結婚詐欺の末、男と女が辿り着く先は――?!
ゆれる[DVD] ゆれる[DVD] 最安価格: ¥2,949 オダギリジョーを主演に迎え、西川美和監督が自身のオリジナル脚本で織り成す、兄弟の絆、人と人との繋がりを描いた心を揺さぶる感動作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi