セイン・カミュ「自宅に不発弾。脱出機がハイジャック」衝撃の戦時体験告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月21日 > セイン・カミュ「自宅に不発弾。脱出機がハイジャック」衝撃の戦時体験告白
メニュー

セイン・カミュ「自宅に不発弾。脱出機がハイジャック」衝撃の戦時体験告白

2014年12月21日 18:10

酒井充子監督とセイン・カミュ「ふたつの祖国、ひとつの愛 イ・ジュンソプの妻」

酒井充子監督とセイン・カミュ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ドキュメンタリー映画「ふたつの祖国、ひとつの愛 イ・ジュンソプの妻」の酒井充子監督が12月21日、米国人タレント、セイン・カミュをゲストに迎えたトークイベントを公開中の東京・ポレポレ東中野で行った。

よう逝の韓国人画家イ・ジュンソプと、離れ離れになりながらも愛を貫き続けた日本人の妻・山本方子さんの姿を追う作品。日本人女性と国際結婚している観点で招かれたカミュは、「お父さんが日本人(母親の再婚相手)だし、6歳から日本に住み着いているから、日本人と恋に落ちるのは当然。かわいい子どもも3人いるしね」と話した。

映画の2人は朝鮮戦争などで引き裂かれたが、カミュも幼少の頃の戦時体験を告白。「銃撃戦が起こると、薬きょうを拾って自慢していた。自宅マンションで不発弾が見つかりエジプトに脱出することになったけれど、飛行機がハイジャックされ4時間機内に閉じ込められた。日本に来た時は、何て平和なんだと思った」と衝撃体験を振り返った。

そのうえで、「愛は万国共通で、人と人とを結ぶのに、愛に勝るものはないと感じた」と映画の感想。2人はイ・ジュンソプが40歳で亡くなるまで200通以上の手紙を交わしており、「あのラブレターはすごい。ひとつひとつの言葉に魂が宿っている。いい意味で恥ずかしくなるくらい。ここまで言われたら、もう溶けちゃうかも。愛の力があってこそと、いい教訓になりました」と感じ入っていた。

ふたつの祖国、ひとつの愛 イ・ジュンソプの妻」は、第2次世界大戦中に東京の美術学校で出会ったイ・ジュンソプ山本方子が、その後の南北分断、朝鮮戦争などによって韓国と日本に分かれての生活を余儀なくされたが、手紙のやり取りを通じて愛をはぐくんだ軌跡を、方子へのインタビュー、当時の手紙などによって検証していく。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi