「ビートルジュース」続編にウィノナ・ライダーがカムバック : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年12月18日 > 「ビートルジュース」続編にウィノナ・ライダーがカムバック
メニュー

「ビートルジュース」続編にウィノナ・ライダーがカムバック

2014年12月18日 12:20

ウィノナ・ライダー「ビートルジュース」

ウィノナ・ライダー
Photo by Jason LaVeris/FilmMagic
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督が、1988年のホラーコメディ「ビートルジュース」の続編にウィノナ・ライダーが再び出演すると明かした。

バートン監督、マイケル・キートン主演の「ビートルジュース」は、交通事故で死んでしまった新婚カップルが、霊界の“バイオ・エクソシスト”ことビートルジュース(キートン)の助けを借りて、自分たちの家に転入してきた一家を追い出そうとする姿を描いた作品。撮影当時17歳だったライダーは、引っ越してきた家族の娘リディアを演じた。

このほど米MTVのインタビューに応じたバートン監督は、続編も自らメガホンをとり、ライダーが出演することも認めた。ライダーは約2年前に、ザ・キラーズの楽曲「ヒア・ウィー・アー」のミュージックビデオに出演し、このビデオをバートン監督が演出した。このときに久しぶりに仕事をしたことが、「ビートルジュース」続編製作を決心するきっかけになったようだ。

なお、前作に主演したキートンは、新作「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督)でアカデミー賞主演男優賞ノミネートが有力視されており、再ブレイクの真っただ中にある。キートンは今年2月に、バートン監督がメガホンをとる前提で「ビートルジュース」続編に意欲を見せ、今年10月には脚本待ちであることを明かしており、ライダーとそろってカムバックする見込みだ。

バートン監督は現在、新作「ビッグ・アイズ」のプロモーションで多忙を極めている。同作は、1960年代アメリカのポップアート界に実在した画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻の間に起こった著作権騒動を描いたドラマで、夫妻を演じたクリストフ・ワルツエイミー・アダムスがそれぞれゴールデングローブ賞(コメディ/ミュージカル部門)主演男優賞、主演女優賞にノミネートされた。日本公開は2015年1月23日。

ビートルジュース 20周年記念版[Blu-ray/ブルーレイ] ビートルジュース 20周年記念版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 ある日突然死んでしまったカップルの霊が、生前住んでた家に移り住んできた一家をあの手この手で追い出そうとするホラー・コメディー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi